ゴガダンバ 4eアイウィング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■アイウィング

アイウィング(羽目玉)は暗黒の神やそのエグザルフの忠実な僕である。
黒い毛で覆われた卵型の身体に鉤爪のついたコウモリの翼と、鼠のような長い尾を持つ。足はなく決して着地する事はない。
その身体の大部分は巨大なひとつの赤い目玉になっており、青い不浄な液体が絶えず滴っている。


レベル3 砲撃役
大型・永劫・魔獣
XP150

イニシアチブ +4
感覚 〈知覚〉+7;暗視、超視覚10
hp: 37 ; 重傷値: 18
AC 16; 頑健 15、 反応 14、 意志 12
抵抗: [毒]10、[冷気]10
移動速度: 4、飛行8(ホバリング)

[近接基礎]テイル・スラッシュ/尾の切り裂き (標準;無限回)
 間合い2;+10対AC;1d8+3ダメージ。

[遠隔]ティア・ボム/涙爆弾(標準;無限回) ◆[毒][区域]
 アイウィングは涙をしぼり出し、大粒の涙滴を目標に投下する。目標の頭上に位置する必要がある;遠隔10(真下方向のみ);+8対反応;2d6+3の[毒]ダメージ。
  ミス: ダメージ半減。
  効果: 目標に隣接しているクリーチャーは飛沫により3点の[毒]ダメージを受ける。
  効果: 目標がいるマスは、遭遇終了時まで涙が固まったゴム状に固まった毒涙に覆われる。このマスは移動困難地形として扱われ、このマスに進入するかこのマスで自身のターンを開始したクリーチャーは3点の[毒]ダメージを受ける。

属性:
言語: なし
【筋】9(+0) 【敏】16(+4)【判】12(+2)
【耐】12(+2)【知】6(-1) 【魅】17(+4)

■アイウィングの戦術
アイウィングは テイル・スラッシュ で近接攻撃する攻撃と、悪臭のする毒の涙をしぼり出して、空中から投下する攻撃方法( ティア・ボム )を持つ。
敵の頭上から ティア・ボム を落とし、地形をどんどん毒涙で汚染していく戦術を好む。


■アイウィングに関する知識
〈宗教〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度15: アイウィングは邪悪な神に仕えるためにのみ存在する。彼らは共通語を理解する事ができるが、言葉は話せず、せいぜいキーキー鳴く程度であるが、神界語を話せるクリーチャーは彼らの意図がわかる。
難易度20: アイウィングは水も空気も必要としない。おそらく食料も必要としないと思われる。命令の無いときは不活発でひどくぼんやりした退屈な状態となる。彼らは優れた視覚を持ち、25マイル(約40km)まで完全に見通すことができる。


■遭遇グループ
アイウィングは優秀な邪神の信徒に送られたり、他の永劫クリーチャーと共に行動する。

レベル3遭遇(XP775)
◆アイウィング(レベル3 砲撃役)3体
◆インプ(MM レベル3 奇襲役)1体
◆人間の魔道士(MM レベル4 砲撃役)1体


■制作イメージ
ADD2ndよりアイ・ウィングです。
コボルドの竜司祭のデータを元に作成。
原作ではアビス出身の邪神などに仕える存在でした。コンバートの際アビス系か永劫系か迷ったのですが、元の属性にあわせて永劫系にしました。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|