ゴガダンバ 4eパルレシー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■パルレシー

パルレシーは背が高くやせ細った人型のデーモンで、血のような赤か青い肌で退化した骨状の翼が生えている。その全身は炎に包まれており、色と形を感情にあわせて自由に変えることができる。
パルレシーはバロールの下士官や伝令として働く事がある。


レベル12 遊撃役
中型・元素・人型(デーモン、火)
XP700

イニシアチブ +12
感覚 〈知覚〉+9;暗視
ファイアー・シールド/炎の盾: オーラ1;範囲内のクリーチャーがパルレシーに近接攻撃か近接範囲攻撃をヒットさせた場合、10点の[火]ダメージを受ける。いかなるクリーチャーも1ターンに2回以上このダメージを受ける事はない。
hp: 123  重傷値: 61
AC 26; 頑健 22、 反応 21、 意志 20
抵抗: [火]30、選択式15(1遭遇に2回まで) ; 脆弱性: [冷気]10
移動速度:

[近接基礎]フレイミング・ロングソード (標準;無限回)◆[武器][火]
 +17対AC;1d8+6ダメージ、および1d6点の[火]ダメージ。目標は継続的[火]ダメージ5を受ける(セーヴ・終了)

[近接]フレイム・ウィング/炎の翼 (標準;再チャージ5-6)◆[火]
 パルレシーの背中にある翼の骨から炎が吹き出し、移動速度分の飛行移動を行なう。この移動の際、隣接した敵に対して1回ずつ以下の近接攻撃を行なう。
 +15対反応;2d6+4[火]ダメージ。目標は継続的[火]ダメージ5を受ける(セーヴ・終了)。この移動終了時、空中にいた場合は落下する。

[遠隔]コーズ・フィアー/恐怖の喚起 (標準;遭遇毎)◆[恐怖]
 遠隔10;+15対意志;目標はパルレシーから遠ざかる方向に(自分の移動速度+2)マス移動する。目標は逃走の際、安全でないマスや移動困難な地形はできるかぎり避ける。この移動は機会攻撃を誘発する。 

●スカーミッション/機動戦闘
 パルレシーが自分のターンにおいて、ターン開始時にいた場所から4マス以上離れた場所まで移動したなら、次の自分のターン開始時までに行なうすべての近接攻撃は+2d6のダメージを与える。

属性: 混沌にして悪
言語: 共通語、奈落語
技能: 〈威圧〉+13、〈はったり〉+13、〈看破〉+14
【筋】22(+12)【敏】19(+10)【判】17(+9)
【耐】19(+10)【知】13(+7) 【魅】15(+8)
装備品: ロングソード

■パルレシーの戦術
パルレシーは通常まず最初に コーズ・フィアー を最も重装備の敵に用いて、できるだけ敵を分散させようとする。その後は ファイアー・シールド のオーラにものをいわせて、機会攻撃を気にせずに4マス以上移動しながら フレイミング・ロングソード を振るう。できるだけ多くの敵を巻き込める位置に来たら、4マス以上移動してから フレイム・ウィング を使用する。


■パルレシーに関する知識
〈魔法学〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度15: パルレシーは非常に傲慢で、しばしば与えられた任務が自分にとって相応しくないと考えがちである。自らの地位を向上させるような(大きな破壊をもたらすような)財産や力を得ようといつも必死になっており、定命の者と取引をしたり、道具として利用したり、騙して楽しんだりしている。
難易度18: その身にまとう炎の色と形は自由に変えることができ、ゴーストじみた半透明の炎、燃え盛る炉のような朱色の激しい炎、青白く優美な炎など、さまざまに変化させる事ができる。
難易度20: 伝説によればパルレシーはかつてバロールになってアビスを支配しようとした野心的なデーモンであったらしい。その非常に邪悪な心と残酷さにも関わらず、このデーモンは炎に関わる秘密の試練に失敗し、永遠にその身を焼かれているのだという。多くのバロールたちは、パルレシーを下士官や伝令として使用し、その隷属的な立場を強調して楽しんでいる。


■遭遇グループ
パルレシーは他のデーモンや、一時的に手を組んでいる定命の者と組んで出現する事が多い。デヴィルと異なり彼らの約束や契約は全く長続きしない。
バロールはしばしばパルレシーを使用しているが、戦力としては当てにしていない。だが、まれに高レベルの使者も存在する。

レベル12遭遇(XP3500)
◆パルレシー(レベル12 遊撃役)3体
◆ニードル・デーモン(MM2 レベル12 制御役)1体
◆電弧奔流のルーンスパイラル・デーモン(MM2 レベル12 砲撃役)2体


■制作イメージ
3版MM2より、パルレシーです。
炎で包まれた火炎デーモンです。標準的な遊撃役です。
選択式抵抗は脆弱性の属性を選択できないので、冷気にとっても弱いです。
性質が幾分デヴィルっぽかったので、4eにあわせてデーモンらしさを少し加えています。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|