画像の自作





画像の仕様


いずれもファイル形式はPNGで保存する。
  • 赤・黄・緑の3色はゲーム内で変更できる色
  • グレー(モノクロ)は固定色
  • 青(0,0,255)は透過色
として扱われる。

種類 指定用コマンド サイズ(ピクセル)
スプライト(マップに表示される画像) sdl_sprite <***.png> 256x128(1方向あたり64x64)、左上の隅(右向き)を基準として時計回りに8方向
ポートレート(会話で表示される画像) sdl_portrait <***.png> 100x150

GIMPによる編集


フリーの画像編集ソフトであるGIMPを用いた編集を解説する。

導入方法については以下を参照。
GIMP2を使おう

ちなみにGIMP2.8.6より前のバージョンでは数値の入力に関するバグがあるので注意。

カスタムパレットを用いた色の編集

  1. メニューの[開く/インポート]からGearHeadのImageフォルダ内のaaBigGradient_Green.pngを読み込む。
  2. メニューの[ウィンドウ] → [ドッキング可能なダイアログ] → [パレット]、またはツールボックスから[タブの追加] → [パレット]を選択し、パレットダイアログを開く。
  3. 適当なパレットを右クリックして[パレットのインポート]を選択する。
  4. ソースの選択で[画像]にチェックを入れて[インポート]をクリックする。これで色編集用の新たなパレットが登録される。
  5. メニューの[開く/インポート]から色を編集したい画像を読み込む。
  6. メニューの[画像]→[モード]→[インデックス]からインデックスカラー変換ウィンドウを開く。
  7. [カスタムパレットを使用]をチェックし、先ほど登録したパレットを選択してOKをクリックする。

以下のサイトも参照。
GIMP2による減色

チャンネルミキサーを用いた色の編集

より自由な色の編集をしたい場合はこちら。

  1. メニューの[開く/インポート]から色を編集したい画像を読み込む。
  2. 各種選択ツールやパス(ベジエ曲線)、レイヤーマスクなどを使用して色を編集したい箇所を選択する。
  3. メニューの[色] → [色要素] → [チャンネルミキサー]からチャンネルミキサーウィンドウを開く。
  4. 各出力チャンネルのスライダーを調節して目的の色合いにする。

以下は一例。
操作
赤チャンネルを選択し、赤スライダーを100にセットする。他のチャンネルはすべて0にセットする。
赤チャンネルを選択し、赤スライダーを100にセットする。
次に緑チャンネルを選択し、緑スライダーを100にセットする。青チャンネルはすべて0にセットする。
緑チャンネルを選択し、緑スライダーを100にセットする。他のチャンネルはすべて0にセットする。