人間用武器の紹介等

知識能力値よりも何よりも体格がそれほど無い場合、人間用武器スキルはなるべく絞って覚えるべきだろう。
メックと違い武器装備可能な箇所が少ないことももちろん、各武器種の強力な武器は大抵重い。
そして強力な武器というのは、ほとんどそれ一種類で全ての敵に対応できるのである。
例えば小火器も重火器も覚えたとしても、持ち歩く武器はどちらかの武器種だけで事足りてしまう上、
そもそもあれもこれもと持ち歩けるだけの重量的な余裕が無かったりする。
弁慶のような@を作るには、武器スキルだけではなく、それこそ隆々とした体格と高い重量挙げスキルが必要となる。
そして体格という能力値はメック戦には全くと言って良いほど意味が無いのである。
どうしても複数武器スキルを有効活用したい場合、メック戦と生身戦とを秤にかけさえしなければならない。かもしれない
ドロップアイテムにもおすすめのアイテムがあるので参考にどうぞ。




人間用武器


白兵戦用武器

趣味で選んでok
愛と根性とタレントがあればKATANA一本でもSentinelを分解することはできる。
さすがに鉄パイプで戦い続けるのは非常に難しいかもしれないが、ビームナイフあたりから意外といける。

白兵武器は体格によってDCにボーナスを得る。
体格以外でダメージを増やすには、スキルを伸ばして命中を上げる・タレント等により貫通を上げる。
どちらも複数回攻撃やクリティカルヒットに関わるため、命中や装甲貫通以外でも大きく攻撃力に影響する。
とにかく命中さえあれば頭への狙い撃ちによって低いDCでも戦えるようになる。が、頭を持たない敵も多い。

他に急所狙いスキルはクリティカル率だけではなくDCを直接増加させる効果も持つ。
急所狙いスキルの半分が狙い撃ち可能な全攻撃のDCに加算される(タレント:スナイパーがあればスキル値分)
急所狙いスキル10(そしてスナイパー未習得)の場合、攻撃のDCは+5。ちなみにSF2兵器ならしっかり+5x10される
武器によっては倍以上も攻撃力が変わるのである。
サバイバルナイフなどの低DC趣味武器で戦い続けたい場合、急所狙いスキルは必須だろう。あっても苦労はするが。
また火炎や電気のトークンもDCをわずかに増加させるため、トークンを何も付けないよりはこれらを付けていた方がよい。
あるいは人間工学グリップによってACCを増加させる手もある。
上に述べた通り命中率すなわち攻撃力であるため、純粋な武器ダメージで戦うのであれば火炎等の1DCの増加よりも効果的だろう

長剣、刀

4桁$になるかならないかの低価格帯の武器ながら、癖のないそこそこの性能と悪くないSPDを持つ。刀の方が微妙に優秀で高価。
銃器や防具、道具等にお金をかけたい場合の初期装備としてはひとまず及第点だろう。初期スキル(4~5前後)でも小動物やチンピラの相手は充分務まる。
上記の通りこの程度の性能でもギリギリ何とかなるらしいので、世紀末のナイトやサムライをイメージしてプレイするのも一興だろう。

モノ・ソード

刀に毛(主にARMORPIERCING)が生えた程度の武器。近未来物で頻出する単分子剣だろう。
初期資金で防具を固めつつ白兵武器も奮発したいときはこの辺りに落ち着くだろうか。始動後にわざわざ買い換えるほどではない。
ライバルは近い価格帯で上回るDCのチェインソード。スタイリッシュなイメージが最後の砦。

ソーラースピア

DC15、エネルギー兵器なので貫通+2。そして投げられる。
この武器は磁気トークンを装着することで真価を発揮する。磁気トークンはこの武器のためにあるとも言える。
手に持つ場合に比べ攻撃可能角度は制限されるが、インベントリーに入れたままでも投げることができるため、
数を揃えれば実質SPDも天上知らずというなかなかチート臭い技も使えたりする。
投擲武器の射程は体格依存だが体格10程度でもEXTEND武器の2マスよりはずっと遠くを狙える。
注意すべきは磁気トークンは結構壊れやすいという点。
下水道掃除中、いつの間にか槍が無くなっていたとしたら、
それは磁気トークンが壊れたため投げられっぱなしで放置された槍に気づかなかったのが原因。

デスウィング

DC5ながらRETURN THROWN POISON。そして何より0.5kg。
投擲武器なので装備しなくても使えるため、ちょっとした小火器のように使える一品。
SPD1なのがネックだが、複数持つかエリスのトークンなどで簡単に補える。
エリスのトークンをつけた場合、毒と混乱を同時に与えるというなんともえげつない武器になる。
中盤以降の色んな敵が持っているため、入手しやすいのもミソ。
もっとも、敵に使われるとそれはそれで面倒なのだが。

正義の鉄槌

Gurdianの昇進報酬で貰えるミョルニールもどき。
ソーラースピアと比べた場合の違いはDCが高い代わりにPIARCINGではなくBRUTALな点。あとかなり重いけど戻ってこなくなったりしない。
SPDも案外結構早いので、重量が問題なければこちらを使ってもいいだろう。
ロケットのトークンによるDC2プラスが最も生きる武器かもしれない

パワー・クロー

実に7.0kg。防具であって防具でないこの白兵武器は、その重さに見合うだけの威力と利便性を兼ね備えている。
ただし利便性、というかこの武器の意義を得られるのは本物のマッチョか重量挙げの達人、
もしも白兵専門家だったりしたらさらにその中でも速度先制に秀でた者だけである。具体的にはオメガくんとか。
手に武器を持ちながらさらに別の強力な武器を装備し攻撃できる点が優れているのであって、
パワークローだけ装備して重量いっぱい、パワークローの攻撃だけでターンが終わる、というのでは本末転倒もいいところだろう。
パワークローよりはるかに軽くて使い勝手の良い白兵武器は他にいくつもあるのだから。

ということを頭でわかっていても、その他の全身をセラミック防具で固めてでも
細身の@にパワークローだけを持たせて戦ってしまう魅力、というか呪いのようなものがこの武器にはある。
それでもチェーンソーに取り憑かれた@よりはマシであるからまだ気楽なものである。

単分子鞭

DC20、ARMORPIERCING EXTEND FLAIL。SPDは6とACCのマイナスさえ気にしなければ誰が見ても最強っぽい白兵武器。
事実近距離ではその通りで、欠点のACCもFLAILのおかげで実際の命中率はかなり高い。
というのも生身で対峙する敵はほとんどが何かしらの白兵武装(牙とか爪とか)を持っているため。
それらによるパリイを無視できる生身のFLAIL効果は、メック戦でのそれ以上に威力を発揮するかもしれない。
特にEXTENDを持つこの武器では、エリストークンや電撃トークンを用いて一方的に攻撃するのが安全な戦い方となる。

黄金のチェインソード

Ironwind砦の生身用アリーナFrech Pitの賞品。単分子鞭と比べると射程が短い代わりにACCが高い。攻撃力は同等。
問題はEXTENDが無いことではなく、10勝するまでの賞金で単分子鞭が楽に買えてしまうという事実にある。
苦労して入手しても行く末は倉庫メックに放置されるか売却されるか。仲間に回されればまだマシな扱いと言えるだろうか。


小火器

非力な@の武器として選択しがちであるが、そんな@が名声終盤に現れる敵と小火器だけで戦うのは厳しい。
メック小火器にあるブレイカー・キャノンのような、最上位の相手にも通用する小火器はどれもかなり重たいからだ。
小火器を用いるにしても重量上げスキルはいずれ必須になる。

反応が感覚に比べて突出していて、しかも体格はあまり無いという場合、
直感には反するかもしれないが白兵戦スキルをメインにすることをお勧めしたい。
武器は軽くて高威力、盾が使える分かえって死に難くもなる。
(じゃあ体格があったら小火器なのかという質問には、両方と答える。大荷物を持てるというのは便利なもの)

小火器に装備するアドオンは通常赤色ダットサイトになる。
ガスベントでのSPD底上げが必要なほどSPDが少ない小火器はあまり無い。

赤色ダットサイトが付けやすいということとも少し関係するのだが、
@が急所狙いスキルを鍛えている場合、(さらにスナイパータレントを所持していればなおのこと)
高BV小火器をあえて*単発*で使用する方が効果的なことがある。
6DCや9DCを敵のどことも知れない全身の外皮・装甲にばらまくよりも、
6+急所狙いDCボーナス+貫通をどこか一箇所に撃ち込む方が確実に仕留められる、こともある、ということ。
小火器は元々SPDも高いため、BVを犠牲にしても十分な回転数を稼ぐことはできる。急所狙いがあるなら是非お試しあれ

ヘッドハンターピストル

DCたったの5とまさしく小火器、拳銃。比較的安価で手に入り1kgと軽いため、体格5の初期@だろうと余裕で使える。
しかし侮るなかれこの武器のヘッドショットは上位ハンター合成体さえしとめることができるのだ。
なぜならこの武器にはARMORPIERCINGがついているから。メックと違い生物のもつ装甲は高々一枚である。後はわかるね。
ただし、その相手に頭があれば。そしてこちらのスキルが十分なら。あとついでにスナイパータレントも欲しい。
弾数10とあまり長くは使えないため、実戦では二丁拳銃にしたり予備弾倉を山ほど持ち歩いたりする必要がある。
それがむしろかっこいいと感じられるあなたなら、GearHead世界を大いに楽しめることだろう。グッドラック。

ところでこの武器には特殊な弾倉が用意されている。
店で弾倉だけ個別に買えるそれはヘッドハンターピストル弾倉*
“*"はどうやら名前が長すぎるのでこうなったらしい。これはPOISONの特殊効果を追加する。
長期戦というのは好ましくないものだが、扉を使うなどすれば有効活用の機会もあるだろう。
ちなみに弾倉でPOISONを追加しても、ARMORPIERCINGは本体にあるので大丈夫。見つけ次第交換しておこう。

レーザーライフル

弾切れの心配が無くDCも小火器限界の10。そして重さは2kg。
とりあえずこれ持ってればいいや的なそんな小火器。しかしすぐにこの武器一丁では厳しくなる。
なのでそのうち一丁が二丁になる。
その二丁それぞれにガスベントをつけて、それでも装填待ちが発生するぐらい速度・先制スキルがあるなら、
終盤でもレーザーライフルだけで頑張れるかもしれない。生身にOverloadの心配は無いのだ。
そこまでの速度・先制スキルが無いもしくは戦闘を早く終わらせたい場合、これ以上の小火器を求めるしかない。
購入可能でこれより強い小火器は残念ながら実弾武器だけである。

プラズマライフル

弾切れの心配が無く最大5連射、SPD5ととにかく撃ちまくりの小花器。Scatterも付いているので非常に当てやすい。
生身の生物はみんな蜂の巣になるだろうが、相手が装甲を着込んでいるとDC5というか弱さがネックになる。
また、SPDは高いが連射すると装填時間が長くなるので調子に乗って連射するとすぐ撃てなくなる。
伸びしろは小さいが命中率と瞬発力で未熟な持ち主を助けてくれる。ひ弱な仲間がいたら護身用に持たせてあげよう。
値段もレーザーラーフルよりは安い。

ロケットライフル(及びロケットピストル・大型ロケットライフル)

6.5kgとかなり重く、また高価でもあるのだが、購入できる小火器の中では最後まで実用に耐えるものの一つ。
DC9、BV5。ACC+1とSPD5で最序盤のスキルでも快適に使用できる。弾数は大満足の120。
2.5kg軽く(それでも4.0kgもある)値段半分以下のロケットピストルはBV3でやや決定打に欠け、何より弾数が半分の60と、
決して少なくは無いがロケットライフルに比べると不満が残る。射程も短め。
しかし重量の厳しい序盤ではこのピストルの方が有用かもしれない。威力もその頃なら十分すぎる。

さていきなりだがBV武器の貫通について説明しておくと、複数回発射やBLAST、SCATTER等の全身攻撃では、
貫通が-2されて攻撃計算が行われる。これらの攻撃はほとんど装甲で止められてしまうのだ。
ところがこのロケットライフルシリーズの弾にはARMORPIERCINGが付いている。
-2と+2打ち消しあって貫通は0。連射武器だが各一発は単発のライフル並にダメージを与えてくれる。

ちなみに
BVが8になった大型ロケットライフルというのもあり、こちらはBVと射程だけ変わって重量は2kg増、値段は倍。
ステップアップするのは終盤になってからでも十分だろう。無理に乗り換える必要も無い。8.5kgはもはや重火器。
事実、スナイパー@にとっては下手な重火器よりもよほど強力な単発武器として使うことができる。
SPDが非常に高く、ACCにボーナスがつき、おまけにARMORPIERCINGまでついて長射程なのである。
スキルにもよるが8というBVを犠牲にしてもおつりが来るぐらいの威力が出せる。その上単発だと実に120回も撃てるのだ。

なお弾倉のみの販売で、SWARM効果が追加されるロケットホゲホゲ弾倉(高性能)というのがある。
この高性能弾薬、BV5程度では集団にまぎれこんだ固い敵をなかなか倒せなくなり困ったことにもなるのだが、
大型ロケットライフルに装填すれば小火器版アサルトキャノンのような名に恥じない活躍を見せてくれる。
大型ロケットライフルを素直に最大BVで使用する場合には、この高性能弾倉に交換しておくと良いだろう

さらに別種の弾倉として、Napalmというものもある。
この弾はBurn効果よりも何よりもRust効果によってその威力を発揮する特殊な弾。
Rust中は装甲へのダメージに上限が無くなってしまうため、装甲耐久力を実質数分の一にしてしまうのだ。
AndrobotそしてSentinelといった重装甲に対する切り札として、Rustをかけるためだけに弾倉一つ用意しておくのも悪くない。

なお、これら特殊弾倉はその追加効果ゆえにスナイパーの強みを殺してしまうことがあることは留意しておこう。
いっそ、各種弾倉を用途別に用意しておくくらいの心持ちの方がいいかもしれない。
もちろん重量はかさむので、仲間に持ってもらうなどの工夫は必要になるが。

ピースメーカー

1.雑貨屋へ行く
2.猛毒手榴弾を買う
3.Guardian殺す
その名に反してとても平和的とは言えない方法だが、極めて安価に強力な小火器が手に入る。
性能は、異常にSPDの高い軽量なロケットピストルといったところ。
そのSPDを生かすには相当な先制スキルが必要になるため、序盤手に入っても実質軽さだけがとりえになる。
なので実はロケットピストルが手に入るなら、ころしてでもうばいとるというほどの武器ではない。
平和的に入手するにはGuardianに入隊して実績をあげよう。
ちなみに昇進特典で得られるものとGuardianが持っているものは性能が微妙に違う。
特典の方は弾倉にARMORPIERCING付き、Guardian所持の“ピースメイカー”は弾倉にARMORPIERCINGがなく
(ライフル弾(徹甲)を装填すればいい話だが)射程も短いがBVが1多い。急所狙いを考慮しなければこちらの方が強い?

なお、Guardianを毒殺する際には直接手榴弾を当てようとしないこと。その町には二度といられなくなってしまう。
そして自分はもとより店員などのNPCも巻き込まないように注意すること。
死亡後医療スキルで蘇生しなかったNPCは、町を出ると完全にLOSTしてしまう。それが誰であっても。

ノヴァ・カービン銃

軍隊就職が必要な報酬武器

DC10、SPD7、ACC+3、BV4、おまけにARMORPIERCING。そしてビーム兵器である。弾の心配はいらない。
威力ではロケットライフルに劣るものの、十分な先制スキルで時間当たりの攻撃力を追い抜くことはできる。
実に理想的な小火器なのだが、いかんせん軍隊の仕事はメック戦闘のみ。なんという悲劇。もう色々残念すぎる。
理想の小火器を求めてメック戦闘に身を捧げる@の姿がそこにあった。劇終



重火器

DC11以上の人間用火器がここに分類される。
スナイパーライフルが存在することから、急所狙いスキルとスナイパータレントを持つ@で選択したくなる武器種だが
肝心の急所狙いに対応した重火器で実用に耐えるものは少ない。
値段的にも基本中の基本となる重火器であるショットガンを始め
ほとんどの有力重火器にはScatterかLineかBlastかSwarmが付いている。これらの武器に急所狙いスキルは適用されない。
レーザーキャノンの最大ダメージを追求したいというのでもなければ、
重火器スキルはメック重火器スキルほどには急所狙いスキルを活用できない。武器選択の際にはこの点に注意。
もちろん武器重量にも留意すること。重量挙げスキルはよほどの体格でなければ最初から欲しい

オートショットガン(及びコンバットショットガン)

Scatter属性DC12の弾を2連射する、装甲しか眼中に無いかのような武器。
そこで開き直ってオートショットガン弾倉(破片)へと弾を入れ替えると
Scatter BrutalでDC12そしてBV2の、つまり全身の装甲に総計およそ48ダメージを与える近接射撃武器が誕生する。
低スキルどころかスキルが無くともとにかく命中してくれる、超お手頃価格の頼れる重火器となるだろう。
BVが無いかわりにSPD5で0.5kg軽いコンバットショットガンという武器もある。
どちらにもオートショットガン弾倉(そしてショットガン弾倉)を入れることができるので、どちらを使うかはお好みで。

デュアル・レーザーライフル

下手な小火器よりもよほど近距離向きの武器。3.5kgと重火器の中では特別軽いことも嬉しい。
これのおかげで重火器スキルがあるなら無理に小火器を追加で覚える必要は無い。
なぜDC10にしてBVを増やす(小火器のままにする)方向で設定しなかったのか、それは作者にしかわからない。
SPDに不満がある場合はガスベントを使おう。
重火器は他に優秀な遠距離武器や範囲武器が多いので、小火器のように同じ武器で二丁拳銃はもったいない。

サンパー砲

そのままでは全くもってぱっとしない武器である。まずはサンパー砲弾倉(プラズマ)を買い求めよう。
プラズマ弾倉を装填したこの武器は別人のように生まれ変わってくれる。
具体的にはDC20、BLAST4そしてARMORPIERCINGがついて弾数24。
生身用BLAST武器としては一発の威力において文句無しに最高の性能なのだ。弾代も安くて嬉しい。
ただ問題はその射程。延長銃身でいくらかは改善されるが、
他の重火器に比べ、かなり思い切った距離まで引き付けなければならない。

四連ロケットランチャー

予備弾倉を持たない場合、たったの四発しか使えない。それでも使える武器なのはその射程とBLAST範囲のため。
初期位置からギャングの軍団を一網打尽にできるのはこの武器だけだろう。
レーザー式照準器とジャイロ・マウントという、効果の高いアドオンを装着できるのも魅力。どちらにするかはお好みで。
ただし弾数の少なさに加えて弾薬費が高いという欠点もある。序盤のうちは使わない方がいいかもしれない

速射バズーカ

たった3kg。DC22、ACC+1、SPD4、ARMORPIERCING BRUTAL。そしてメックサイズの超射程。実際メック戦でも使える。
SF2メックからSF1メックを攻撃したり、SF2メックが相手でも頭を狙撃したりという使い方の可能な武器なのである。
この使い道の場合、武器SF差の影響によりほぼ必中の攻撃となる。さすがにSF2相手には微小すぎる威力だが。

弾数は6とかなり少ないのだが、予備弾倉の重さが2.5kgなのでそれほど問題ではない。
予備弾倉含めて8kgだと18発も撃てると考えれば、弾数に関しても優秀と言える。
これもジャイロ・マウントなどが装着可能な武器であり、単体相手に対する性能なら重火器トップクラスとなる。
また単発での狙い撃ちも可能である。スナイパー@にとっても嬉しい。
しかし、残念ながら、そのあまりにも長すぎる射程のため、生身戦闘で実力を発揮できる機会はあまりない。

この際だからminimum rangeについて説明しておくと、minimum rangeとはshort rangeの半分、
速射バズーカならRNG:32-64-96と表示されているうちの32がshort rangeで、minimum rangeは16になる。
short rangeが6以上である場合、minimum range以内の目標に対しては、
1タイル接近につき命中-1が与えられてしまうのだ。
つまり、隣接した敵に速射バズーカで攻撃する場合、そのペナルティーは実に-15にもなる。
屋内戦闘では素直に別の武器を使うべきだろう。

レーザーキャノン

DC25、SPD2。射程は長く、しかし長すぎず、弾切れの心配も無い。ただし重さは10kg。
職業にもよるが初期資金でぎりぎり買える値段のため、生身重火器で生計を立てるつもりがあり、
もし最初の店巡りの中でこれを見つけたなら、防具を一時疎かにしても思い切って購入してしまうのもあり。
欲しい時にはなかなか売っていないものだから。
スナイパー@や弾倉交換の手間が面倒な@には最終装備になる。
また味方の武器としても実に都合が良い。放っておいても弾切れ無く勝手に撃ち続けてくれることはもちろん
その長射程のため、最適距離で戦うよう指示すると敵からかなり安全な距離をとってくれるのだ。

プラズマキャノン

DC15、BV9。店売りされているプラズマキャノンにはLINE効果がついているのだが、味方がいるととても使い辛い。
そして値段もちょっとしたメック並あってこれまた手を出し辛い。
狙うべきはLastHopeはBioCorp研究所洞窟にいるSentinel。それの持つLINE無し版プラズマキャノンである。
(名声終盤の屋敷系クエストに出てくるSentinelからでも入手できるが、研究所は名声に関わらず進入可能)
とはいえ生半可なスキルでは出会い頭に返り討ちだろう。機械だから毒ガスも効かない。
しかも重火器でSentinelを破壊するにはレーザーキャノンぐらいの武器がなければ難しく、
そんなのを持っているならプラズマキャノンも無理に狙う必要は無かったりする。
BioCorpのSentinelに価値が生まれるのは、主に中盤以降重火器を使わせたい味方ができた時だろう。

なおLastHopeの研究所イベント中、カードキーを所持した状態でSentinelを攻撃してはいけない。
その状態では友好的なNPC扱いになっているため、攻撃してしまうと犯罪者になり性格が悪辣にもなってしまう。
それとSentinelの残骸に科学スキルを使用すると、メック用一回使い切りサイバーウェアも手に入る可能性がある。
その効果は装着したメックにメック重火器+3の特殊効果を付与。これも貴重品なのでスキルがあれば忘れずに。

もちろん、LINE効果のプラズマキャノンで目についた相手を薙ぎ倒すカタルシスも捨てがたい。
孤高の一匹狼を志す@ならば最終装備候補の一つとなるだろう。

アサルトキャノン

恐ろしく高価で、予備弾倉の重さやその交換の手間は厄介だが、強い。強い。大事なことなので二度言うぐらい強い
弾倉に複数種類があり、おすすめは(徹甲)。どうしても重量がきつい場合は(Ceram)にしておくと良い。
どちらかには交換しておこう。
Scatter Brutal効果の(破片)弾倉で確実に削り殺す手もある。少なくともmissが無くなることで大変気持ち良く撃てる。
ただし、外皮の固い生物兵器や機械類など、確実に一発では削り切れない敵もいる。弾種の選択はお好みで。


その他



猛毒手榴弾・AGL弾倉(猛毒)

小ネタのBC兵器を参照のこと。そこに書かれていることが全て。
相手が生物でありさえすれば、スキルに関わらず簡単に倒せてしまう。
敵を攻撃したり倒すことで得られる経験値は当然無くなるが、それは装備を固めていれば元々あってないようなもの。
(PVと経験値の説明もついでにと思ったが面倒なので省略)
自爆にさえ気をつければ全くのノーリスク。
生身武器スキルが一切無くとも大量の毒ガスと下水道クエストの繰り返しで数百万も容易い。そんな兵器
バランスブレイカーには違いない(何より武器スキルも武器も選ぶ必要が無くなる)が
生粋のメック乗りや戦闘能力0の学者@を可能にするための救済アイテムと考えればポジティブな使い方もできる

ここまで書いてしまったら説明しておかないと収まりが悪い。のでハボック・レギンスについて説明しておくと
AGL弾倉(猛毒)をハボック・レギンスに込める際、最初に込めた時点では一発使いきりなのだが
一度使い切った後でいったんゲームを終了し戻ってくると、6発まで充填されるようになる。
仕様かどうかは微妙なところだが(ハボック・レギンス自体の最大弾数が6だから)、利用する気がなくともいつかこうなる。
ハボック・レギンスの補助ロケットは当然手投げよりも射程が長くその分安全なので、一発装填のみでも使える。
ちなみにどういう訳か6発同時発射するとほとんど毒ガスが散らないケースが発生する。




アトミック・ウォークラブ、ファイア・オブ・ヘヴン

アトミック・ウォークラブは核爆発を起こす白兵武器。当然自分が爆心地となる。
これを作った人物はユニークな自殺の方法を探していたに違いない。
白兵武器が投擲可能になる“ロケットのトークン”はこの武器のためだけに存在すると言っても過言ではない。
ファイア・オブ・ヘヴンは核爆発を起こす手榴弾。@の体格が低ければ飛距離が足りず当然@も巻き込まれる。

アトミック・ウォークラブはSnakeLake他の科学者から極稀に一回だけの特別な探索クエストが持ちかけられる。
指定されたダンジョンのどこかに落ちているアトミック・ウォークラブを回収して科学者に渡すか(@は得られない)
渡さないと告げるか(無法になる)でクエスト終了。このクエストの発動はメールにも現れず、期限終了すれば
それまでなので遭遇難度は高い。科学者がいるのはHogye村・SnakeLake繁華街・同企業地区・Wujung大学・LastHopeの
5箇所なので、欲しければこまめに立ち寄ろう。
武器としての性能はMelee DC16 Blast 7 Brutal ArmorPiercing Burn Mystery。Melee武器なのでDCは体格の影響を受ける。

ファイア・オブ・ヘヴンは出家後Hwang-Sa寺院からの依頼を進めていく事で、最後の報酬として入手できる物品の一つ。
性能はGrenade DC25 Blast 7 Mystery Hyper Armorpiercing Brutal Burn Haywire。
手榴弾なのでウォークラブと違い一回使い切り。入手難易度ではファイア・オブ・ヘヴンの方が入手しやすい。
が、こちらは寺院クエストの他のアイテムのハズレ的位置づけなので、手に入ってもあまり嬉しくなかったりする。

見ての通りどちらもBLAST7という大爆発で、半端な膂力では巻き添え必至である。
DCの大きさはもちろん、追加効果も色々ついているため巻き込まれるとかなり洒落にならない。
そのためせっかく手に入れたのに体格が無くて使えない、という嘆きが稀に聞こえてくるのだが
しかしまともに投げられたとしても、下水道で一人悦に浸るぐらいしか使い道は無いかもしれない。
建物のある場所では火災が、仲間のいる状況では同士討ちが避けられないため。