仲間


特定の条件を満たすことでNPCやモンスターなどを仲間にすることができる。

大きく分けて
  • NPCや自己認識能力を持つロボットなどのキャラクター
  • モンスターや自己認識能力を持たないロボットなどのペット
の 2 種類があり、可能な操作や成長の仕方が異なる。
ロボットについてはロボット工学を参照。


キャラクター


NPCはイベントで仲間にできる。
会話ダイアログに[仲間に誘う]の表示が出ていればOK。

ただし、この状態になっていても拒否されて仲間にできない場合がある。
メッセージ 説明
「あなたの仲間になるよりも大事な用がある。」 友好度が足りていない。
「一緒に行ってもいいが、仲間が多過ぎやしないか?」 仲間の人数制限を越えている。
「あなたの仲間になりたいが、今は忙しいので、また今度。」 該当のNPCが別のイベントに割り当てられている。

行動

キャラクターはメックに乗せることができる。

キャラクターに詳細な行動を取らせることはできない。戦闘も基本指示に従ってオートで行う。
基本指示は[t]キーで話し掛けることでどの距離で戦うかを指定する。

悪辣や無法な行動を取り続けていると仲間から警告を受けることがある。
素行の改善が見られない場合、離反されて再度仲間に出来なくなる。
逆に仲間の性格が悪辣だった場合はプレイヤーを裏切って襲い掛かってくることもあるので注意。

成長

プレイヤーキャラクターと同様にスキルやステータスの成長が行える。
ただし、タレントの習得やサイバーウェアのインストールはできない。

援軍

仲間にすることができ、かつ自身のメックを持っているNPC(例えばVikki)は戦闘の際に援軍として来てくれることがある。
その際にパーティに編入することもできる。

ちなみに仲間にしていない状態で援軍に来ると、プレイヤーキャラクターのスキルに依存して戦闘スキルが成長する。
ただし成長するのは各武器スキルと回避スキルのみで、電子戦スキルや急所狙いスキルなどは対象外。

援軍に参加してくる条件は対人戦・メック戦を問わず自前のメックが割り当てられてること(プレイヤーが割り当てたものでは不可)。
したがって妹や自作ロボなどにこの手は使えない。

援軍による成長は味方だけではなく敵のキャラクターにも適用される。
やけに強い敵NPCが出てくるのはこの仕様のせい。

ペット


一部のモンスターは飼い馴らしスキルで手懐けることができる。
種類によって飼い馴らしやすさは異なり、人間型の敵やロボットなどはこのスキルで味方にすることはできない。
また、動物園にいるペンギンなどの中立モンスターにも効果はない。

行動

ペットはメックに乗せることができない。また、会話ができないので戦闘の基本指示も行えない。

ペットは離反したり裏切ったりすることはない。

成長

ペットは一定の経験値を得てから訓練することでランダムなスキルを上昇させることができる。
任意のスキルやステータスを成長させることはできないが、一部のモンスターは経験を積むことで変異できる。

変異

たとえば、ハンター合成体[幼生]で経験値を 5000 XP以上稼いでから訓練を行うと変異することができる。
変異先はランダムだがセーブ&ロードを繰り返せば選ぶことも可能。

幼生の時に持っていたスキルとそのレベルは引き継がれる。
これを利用して、通常では存在しない武術スキル持ちの殺人鬼や白兵戦スキル持ちの破壊者を作ることもできる。

なお、変異した時に所持していた装備や道具はその場に捨てられる。

仲間のAI


範囲攻撃や延焼効果のある武器などを装備させている場合は注意したい。
知らない間に味方を巻き込んだり、依頼を遂行不可にしてしまったり、町を破壊してしまうからだ。
高火力の単発武器も一部の地形を破壊したり攻撃箇所を発火させたりといった事がごく稀に起こる。

弾切れした武器の弾倉交換や武器の持ち替え、手に持っていない武器の投擲は行わない。

仲間のスキル


回復系スキルは対応する道具を持たせておけば自動で使用してくれる。
また、仲間が話術スキルを所持している場合は町の人と会話して得た情報をプレイヤーに伝えてくれる。

調査スキルやコード破りスキルなど、一部のスキルは仲間の内で最も高いスキルレベルが判定の基準となる。
これに他の仲間が持つスキルレベルの何割かがボーナスとして加算される。

仲間の人数


仲間に入れられる人数には限界がある。ペットに比べ、キャラクターは制限が厳しい。
仲間を作れないとお嘆きの方はリーダーシップと魅力を鍛え、有名になろう。
またリーダーシップが低いにも関わらず仲間が多い場合、依頼などで貰える経験値が減少する。

仲間にできるNPC


必ず仲間にできるNPC

Gyori村・Ipshil村・Hwang-Sa寺院・Wujung市・Namok宇宙港・Ironwind砦・Markheim砦・Pirate's Pointのいずれかにいる。
場所は固定されておらず毎回ランダム。

Pirate's Pointに出現してしまった場合は注意すること。
NPCを仲間にしたかどうかに関らず、プレイヤーがPirate's Pointにいる間ずっと雑魚敵との戦闘を行ってしまう。
運が悪いとプレイヤーの関与していない場所で死亡する可能性もある。
そうなってしまった場合、医療スキルが使用できないか、蘇生に失敗してしまった場合はお手上げ。
できる限り早期にPirate's Pointから連れ出すようにしよう。

職探し中の傭兵
一定以上の好感度があればお金を払うことで雇える。
魅力が高ければ無料で雇うことも出来る。

ひととおりの戦闘関連スキルを押さえてあり、中でも対人戦での火器の扱いに秀でる。
新しいスキルを覚えるのは苦手なようだが、総合的にはまずまず。

衛生兵
ハイキングコースで道に迷っているので、話しかけて街へ連れて帰れば加入可能になる。
ただし、その時に金をせびると仲間にはならないので注意。

戦闘、とりわけメック戦ではさほど使えないが、頑丈な上に医療や応急処置を高いレベルで習得している。
そのため長旅での回復役として便利。医療や応急処置の道具は忘れずに持たせておこう。

火星の王女
ワールドマップを歩いていると暗殺者に襲われているのを見つけるので、それを助ける。
戦闘終了までプレイヤーと王女が共に生存していればOK。あとは去っていった街へ行き、改めて話しかければ加入可能に。
どちらの方向か分からなかった場合は電話帳に"Princess"を登録して各町をローラー作戦。
襲われているのを見過ごしたり、戦闘に負けた場合には仲間に出来ないので注意。

メック戦闘関連のスキルに秀で、他に急所狙いや電子戦といった地味に凶悪なスキル構成が特徴。
電子戦には特に秀でるため、電子対抗システムを搭載したメックで支援火力として使うといいかも。
白兵戦でも弱くはない。

OMEGA-1004
町の中にある隠された落とし戸の先に居る探査ロボット。
壊れているため修理が必要。修理後、加入可能に。

習得スキルは少なく、レベルも概ね低い。
その反面、ステータスは軒並み優秀で特に知識と体格が高く、かなり自由に育てられる。
例外的に高い重量挙げスキルによる重装備も相まって、白兵戦では最強クラスのポテンシャルを秘める。
特筆すべきはロボットやモンスターと同様の自前装甲を持っていること。
おまけに呼吸もしないので毒ガスの中でも元気に動き回れます。
最大の欠点は落とし戸がさっぱり見つからないこと。


メック乗りファンの女学生
冒険の話を聞かせてほしいという旨の話をしてくるので、素直に聞かせてあげれば加入可能になる。

メック修理やメック小火器等のメック戦闘スキルに加え回避スキルを最初から高レベルで持っているほか、
博学のタレントを持っているためある程度自由にスキルを覚えられる。
女学生だというのになぜか魅力が低い、よっぽど話すことがメック関連しかない筋金入りのメックオタクなのかもしれない。

条件を満たせば仲間にできるNPC

Vikki
Hogye村にいる。Hogye村のアリーナでチャンピオンになると加入可能。

どうしてこのスキルで勝てないのか、というくらい優秀。
一方で知識が低めになりがちなのでメック以外のことは苦手かも。

Guardian・盗賊
ゲーム開始後、初めてSnake Lake繁華街に入るときに発生する武器密輸団のイベントで仲間にできる。
詳しくは固定イベントを参照。
選択次第でGuardian隊員か盗賊が加入可能になる(二択)。

同職業の他の人たちに比べて能力的にはちょっと落ちるようだ。他に優秀な仲間が居なければ。
ガーディアンもピースメーカー持っててくれれば…。

教授
Namok市にいる。Tokto村に行ったまま行方不明になっている助手を探す依頼を出している。
その依頼を受け、Ladon体内で見つかる助手の遺書を見せれば加入可能になる。

貧弱な上に戦闘関連まるでダメ。
しかし科学関連のスキルが高いため、PTにいるとそうした分野の成功判定がかなり有利になる。

レジスタンスのリーダー
Kist村でBone Devil Gangを倒そうとしているので、協力する。

生身版Vikkiとでも言うべき強力な戦士。知識が低いなど、戦闘以外が苦手な点も共通する。

KING RAT
害獣問題が発生している街で楽器を弾きまくる。君のサウンドに惚れてくれるかもしれない。
パフォーマンススキルが無くても仲間にできる。

メインストーリー中で仲間にできるNPC

メインストーリー自体ランダム性が高いため、該当の生い立ちになっても必ず出てくるとは限らない。

@の妹
ゲーム開始で両親爆死~妹がいる生い立ちになればOK。
ゲーム開始後しばらくすると妹からメールが届く(要・電話)。彼女がいる町に行き、学費を渡せば加入可能になる。

弱いけどまあ、妹だし。

クローン戦士のオリジナル
ゲーム開始で死にかけた状態でHogye村の近くで発見された生い立ちになればOK。
イベントの中でクローン工場から助け出すことが出来れば、町で加入可能になる。

ステータスは並の範疇で速度と反応に寄った程度だが、一通りの戦闘関連スキルを最高レベルで所持。
Vikki + レジスタンスリーダーと言った具合のまさに最強戦士。戦闘以外はお察し下さい。
自宅爆破の生い立ちでも仲間になるのを確認。
Hogye育ちの孤児でも同じイベントが発生するも、こちらは救出しても襲いかかってきた。要調査。

Aegis Overlordと敵対する賞金稼ぎ
ゲーム開始時の生い立ちがAegis Overlordからの脱走者であればOK。
戦いになった際に倒さずに逃げる(プレイヤーの勝利で戦闘終了にならないことが条件)。
その後Aegisの拠点を破壊するイベントを達成すると誤解に気付いて仲間になってくれる。

全体的に能力が高く、一通りの戦闘関連スキルに加えて、脅迫とサバイバルのスキルを持つ。

祖先の土地に住む遠縁の親戚
@の一族について調査しているという人物が現れれば仲間になる可能性がある。
調査の妨害を話し合いで解決しようと試みること。
性格が英雄かつ外向的であることが成功の条件。話し合いが成功すれば仲間になってくれる。

戦闘スキルを一通り揃えてはいるものの、Vikkiらのような一級と比べると物足りない。
また、ステータスも見劣りする。つなぎとしては優秀。

両親の遺産を盗んだ盗賊
両親が死んでいる生い立ちで、両親の遺言が盗まれるイベントが発生すれば仲間になる可能性がある。
遺言を取り返した後、「いつかは君と一緒に行こうかな。」と言われたら成功。
どの返答でも仲間になる可能性はあるが、それぞれチェックされる性格が異なる。

有名な盗賊というだけあって高い戦闘能力とコード破りなどのスキルを持つ。

農場経営者
メインプロットに農場を荒らされているという人物が現れれば仲間になる。
依頼を成功させれば仲間にできる。

当たり前だが妹と変わらないぐらいに弱い。

命の危険を教えてくれる傭兵
町をふらふらしていると近づいて来て「あなたは(グループ名)に狙われている……」と教えてくれる傭兵。
「1日後に(町の名前)で会おう」と言われるのでその町に行くと、その企業に所属するメック乗りに待ち伏せされるので撃破しよう。
その後、傭兵を問い詰める際に好感度が高めの状態であれば、以後メック戦で援軍として来てくれるようになる。
つまり援軍に来たときに仲間に出来るようになる。その場では仲間に出来ないので要注意。
傭兵を問い詰めた後、別れる際に仲間に誘うの選択肢が出現するが、選ぶのは厳禁。
会話終了後一度姿を消すようにプロットが組まれているので、その場で仲間に出来たとしても次の瞬間には消失してしまう。

ステータスやスキルはVikkiより少し低い程度で、戦闘系のみというのは共通。
だが、たまに戦闘系タレントを所持している事が有る。
隠れ撃ちや歩行バランス等を持っていれば他の仲間とは違う運用を行う事が出来る。

中学校時代の友人
街で暗殺者を撃退したあと、暗殺者とのやりとりを目撃していたガーディアン隊員と話す。
その後、暗殺者の雇い主話したときに中学校時代に三角関係だったことが判明すると登場。
ストーリーを進め、中学校時代の友人(暗殺者の雇い主ではない)から想いを打ち明けられ、且つその想いを受け入れると仲間にできる。
幼い頃から親はなく両親を知らない生い立ちで確認。

未検証

  • 自分の居る/元居た組織と因縁のある賞金稼ぎ
  • 両親の殺害を捜査している捜査官
  • 拉致された教授