gd_dic @ ウィキ

I FOUGHT THE LAW


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

I FOUGHT THE LAW
【アイフォウトザロー】

GF8th&dm7th初登場の版権曲。The Clashのカバー。
クリップに登場する男が同人の間では「ロウ君」と呼ばれている。

【GF】
ギター緑譜面の難易度が低い曲にしては珍しく、デフォルト倍速がかかっていた。
ギター・ベース・オープンピックとも黄以上は16分の滝が登場する。
スコアの理論値はギターやオープンピックよりベースの方が高く、しかもベース黄は16分5連の処理さえ誤らなければ簡単。

【DM】
赤譜面はロータム連打が頻繁に登場する、あまり他に類を見ない譜面。これはアタマ落ちする危険あり。その原因は、イントロからスネアとロータムの16分往復が襲来する為。
Aメロはスネア8分、3・7拍目にスネア+ハイタムのフラムで構成されている。

【原曲】
The Clashが歌ったバージョンは8&7本稼動当時「NISSAN X-TRAIL」のCMソングに使われ、よく知られていた。但し当時は、この曲を聞いたことはあってもタイトルや歌っているアーティストを知らない人が結構いた。
歌詞が少し危険なためかThe Clashのアルバム「THE SINGLES」のライナーノーツから歌詞が割愛されている。
曲名を直訳すると「俺は法(秩序)と戦った」。また、サビを直訳すると「俺は法(秩序)と戦った。そして法が勝った」。
この曲は元々、ザ・クリケッツがオリジナル曲を制作し、The Clashがそれをカバーしている。ザ・クリケッツの原曲は、歌詞の一部が「I fought the law and I won」となっていたのだが、The Clashはこれを「~ and the law won」と変えて歌っている。よって、ギタドラに収録されたものはThe Clashのカバーであることがわかる。

家庭用MPGに収録される模様。