gd_dic @ ウィキ

愛のしるし


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愛のしるし
【あいのしるし】

曲情報


4月1日に某ドラム譜面サイトで愛のしるし Miracle Version なるネタ譜面が公開された。
しかし、1日のみの公開だったので、現在は見ることができなくなっている。
俺のスコアは世界一ィィの称号を取りやすい曲の1つ(ギタ、ドラ共に)
dmV3では難易度が11に上昇。
6作品に渡って続いた最易曲の座からついに降りる事となった。
1998年リリースのPUFFYのカバー曲。GF4th&dm3rd初登場。作詞・作曲は「ロビンソン」「チェリー」などで知られる草野正宗(スピッツ)。
ギタドラ版では寺島純子、斉藤由佳がカバーしている。
GF8th&dm7thのロケテ版では削除されていたものの,製品版ではボーイフレンドと共にしぶとく復活。復活の際,dmでは従来の黄譜面は廃止となり,従来の緑譜面が黄譜面となって,緑には3rdのPRACTICE譜面が収録された。
クリップはピンクの謎のキャラクター。

【GF】
ギター緑はVの時点では10と最も設定難易度が低い。
基本的に初心者向けの曲だが、ギター赤は2色運指が頻繁に絡む譜面であり、又ベースには16分が一部で絡んでくるので侮れない。
この曲の最高得点の理論値はギター赤よりベース黄のほうが高い。また、ベース黄はワイリングが最後に1箇所あるのみなので当然のことながら遅延が不要。

【dm】
すべてのパッドを満遍なく使う、初心者の入門にもってこいの曲。
全編に渡って地味なアドリブが可能。
尚、dm4thでは緑・黄とも3rdのNORMAL譜面であった(=7th以降の黄譜面であった)というバグが存在した。
どうしてもSSがとりたいときに止むを得ず選曲されるケースが多い。また、上級者がネタプレイをするためにこの曲を選択することもある。
2004年6月23日、それまで行われていたdm10thのインターネットランキング全曲部門にて、この曲のスコアポイントが正しく計算されないという不具合があった。なお、この不具合は修正され、2004年6月23日から正しいスコアポイントでランキングされるようになった。
3rdのREAL譜面(5th・6thの黄譜面)は頻繁に絡む連バス・裏バスや所々に出てくるスネア連打やロータム連打がかなり厄介。当時の設定難易度はかなりの詐欺。

【原曲】
資生堂「TISS」やSUNTORY「DAKARA」のCMソング、及び妻夫木聡主演の映画「ウォーターボーイズ」の劇中歌としても使われた。
スピッツ自身セルフカバーしている。スピッツのほうはアルバム「花鳥風月」の2曲目にある。スピッツ版はパフィ版よりキーが低い。スピッツのライブの定番の曲。アンコールで歌うこともある。