※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【新双葉連合(双葉連合軍)】


〈NERO総司令部〉


【総司令】碇ゲンドウ
【副司令】冬月コウゾウ

〈欧州方面司令部〉



〈豪州方面司令部〉


【総司令】バスク・オム

〈極東方面司令部〉


【総司令】イーサン・ライヤー

〈構成員〉


メルヴィル将軍(死亡)
S・L・チルダーズ少佐(MIA)
グレッグ・F・ウィルソン(ケネディS.C所長)
マクスウェル中佐
レオス・クライン(傭兵)
ライナルト・シュルツ(太平洋艦隊司令)
ブライト・ノア(宇宙艦隊司令)
ビーチャ・オーレグ
エイパー・シナプス
サウス・バニング
アルファ・A・ベイト
ベルナルド・モンシア
チャップ・アデル
マリュー・ラミアス
ナタル・バジルール
シン・アスカ
ステラ・ルーシェ
アレックス・ディノ(アスラン・ザラ)
ムウ・ラ・フラガ(ネオ・ロアノーク)
イザーク・ジュール
ディアッカ・エルスマン
ガイ・ムラクモ
キョウスケ・ナンブ
エクセレン・ブロウニング
テツヤ・オノデラ
ヴィレッタ・バディム
レフィーナ・エンフィールド
アンナ・ターレス
緋き幻影(傭兵)
ライト・アーヴィング
フランツ・アーヴィング
エルンスト・フォン・バウアー(戦車部隊長)
サム・ゲーリー准将(MIA)
C55th隊ヤージ曹長&キタ軍曹
ハートマン軍曹(先任軍曹)
オペレーター・チーフ(長門有希)
キリコ・キュービィ (赤肩隊)
レスター中尉
ディナン(バーザム隊)
DEEP EYE'S

〈所属主力部隊(陸海空・宇宙)〉


I.S.A.F(International Safety Actions of Futabaforces)
双葉欧州方面軍
双葉豪州方面軍
双葉極東方面軍
双葉連合太平洋艦隊(旗艦:アイオワ、ミズーリ)
双葉連合大西洋艦隊
双葉連合歩兵部隊
独立任務部隊303小隊グリーン・ボア
バウアー戦車大隊
ACフライトナーズ(傭兵)
メビウス中隊(メビウス1)
ラーズ・グリーズ隊(旗艦:ケストレル)
ホワイト・ミスト隊(旗艦:スピリット・オブ・グロリアス、エクゼター)
ホーク隊
航空戦隊しーぽん(MIA)
潜水艦隊ディープ・パープル大隊(旗艦:エヴァーブルー)
特殊海兵部隊ブラック・ゲイル(旗艦:テンペスト)
PT特機部隊(旗艦:轟天号、ハガネ)
ゾイド部隊(旗艦:ウルトラザウルス、ギルドラゴン、ホエールキング、ドラグーン・ネスト)
ゾイド緋き幻影(傭兵)
ATレッドショルダー隊
宇宙第8主力艦隊(旗艦:ラー・カイラム、ネェル・アーガマ)
MS第4小隊(旗艦:アルビオン)
アークエンジェル隊(旗艦:アークエンジェル、ドミニオン、ヒリュウ改)
機動戦艦ナデシコ部隊(旗艦:ナデシコB)(MIA)
エステバリス隊(MIA)
VFバルキリー小隊
サイバトロン部隊(MIA)
黄金部隊(死亡)
元反乱軍・密林の獅子(MIA)
新双葉MG部隊(MIA)
MSバーザム中隊
MSブルーフレーム(MIA)
MSジム部隊
MSジェガン部隊
MSホワイト・ディンゴ隊
MSモルモット隊
Zプラス隊
ジュール隊(旗艦:ヴォルテール、ヴェサリウス)
ボール部隊
PFグレン小隊
スターファイター隊
サンダーフォース(MIA)
オメガブースト(MIA)
暗殺部隊アイアンクロイツ(MIA)
オペレーター隊

〈一般兵〉


地球連邦系MS
ゾイド
パーソナルトルーパー(PT)
パンツァーフレーム(PF)
スターファイター(X-WING・Y-WING)
軍用航空機
軍用ヘリ
戦闘艦船
戦闘車両
歩兵

〈決戦兵器〉


ソーラーシステム
旧NERO基地ストーンヘンジシステム
スレイプニール(レールガン)
エヴァンゲリオン初号機
ガンダムヴェルフェゴール
ガンダムアスクレプオス
ガンダムグリープ
G-UNIT(MS)
USSヴォイジャー
デススティンガー専用荷電粒子砲固定砲台チャージシステム(アークアロー)
重要塞空母アポロ・ノーム(解体)

〈主な拠点(地上・宇宙)〉


新ニュー・ヨークNERO本部
新ニュー・ヨークNERO基地セントラルドグマ
旧オーストラリアNERO本部(移転)
新双葉連合軍欧州方面情報局
新双葉連合軍欧州司令部
新双葉連合軍欧州防衛省
高高度軌道監視局(各戦略衛星)
月マイクロウェーブ送電施設(破棄)
ベオグラード航空基地
ベルファスト基地
オデッサ基地
イスタンブール東方司令部
アヴァロンベース(カリバーン基地&プリドヴェン要塞)
ヒューストン基地
カンバーランド基地(マウントオッサ要塞)
ニュー・オリンズ基地
フロリダ基地
ケネディS.C
コッド岬ミサイル拠点陣地
デンバー野戦司令部
シドニー基地
ブリスベン基地
パース基地
カーペンタリア基地
ニューカレドニア島シャトル発射基地
ウラジオストク前線司令部(撤収)
軌道エレベーター・ラプチャー
DS9(ディープ・スペース・ナイン)
N3補給基地
資源衛星MO-Ⅱ(破壊)

〈組織の概要・沿革〉


双葉連合とは、自国や周辺地域及び一般市民の脅威となるもの(外敵、犯罪、テロ等)の排除、周辺地域及び国外への治安維持活動または医療活動を主軸とし一般市民の生命財産を守る事を最優先とし世界の平和安寧に貢献する事を目的とした組織である。
本部は"NERO"と呼ばれる要塞化した基地司令施設でオーストラリアとニューヨークにそれぞれ存在する(現在はニューヨークに機能を移転)。
部隊行動はこちら側から"侵攻"はせず、外敵等に領土及び活動範囲を侵された場合に"反攻"を行う。専守防衛とはまた違う。
また外敵排除及び資源確保による"進攻作戦"を行う事もあるが一般市民を最優先に考えての行動であり、敵民間施設や一般市民は無論対象外である(場合により施設を"機能停止"にする行為もある)。
そして活動範囲が広がるにつれ活動方針の違いや各部隊の隔たり等により組織内においても歪みが生じた結果、上層部による派閥の結成や派閥間の争いが起きるようになる。

そして、フォーク准将率いる強硬派とメルヴィル将軍率いる穏健派とで対立が起こる。

フォーク准将指揮による対帝国戦において一部の兵士がフォーク准将の民間人及び敵負傷兵の虐殺や友軍兵を捨て駒にした作戦に激怒し反乱。
その動きに呼応して他の双葉連合軍部隊が賛同。
そのままフォーク准将指揮下の前線司令部に攻撃を行った。
前線司令部は破壊され何人かのフォーク准将強硬派メンバーは死傷した。
そして勢いに乗った反乱部隊はNERO総司令部に攻撃を開始する。
強硬派と穏健派反乱部隊はここで本格的な戦闘へと突入する。
先程まで共に戦ってきた仲間が互いに殺し合い血で血を洗う壮絶な戦いになった…
そして反乱軍突入部隊が指令室へ突入したのだがすでに蛻の殻でありフォーク准将は逃げた後だった…
この時フォーク准将はNERO総司令部で指揮を執っていたが強硬派の助けで一足速く戦艦に乗り込み宇宙へ逃れている。
その後フォーク准将率いる強硬派はそのまま宇宙やシベリアに逃れた。
この時にメルヴィル将軍は強硬派の手によって暗殺されている。
こうして双葉連合軍は『新双葉連合軍』と『旧双葉連合軍』に分かれた。
ちなみにT・ジョーンズ司令は別の作戦に参加しており現場には居なかったが穏健派に所属していたようであり後の新双葉連合創設や内部再編に大きく携わったようである。
またメルヴィル将軍は歩兵部隊「グリーン・ボア」の創設者にして司令官でもあった。

分裂後は暫くの間"新双葉連合"として活動してきたがフタバビロニアによる旧双葉連合の合併により再び名称を"双葉連合"に改めた。組織の明確化、差別化をはかる為であると思われる。

尚、メルヴィル将軍を暗殺した人物は『ゴルゴ13(本名不明)』とそれを指示した『フォーク准将』で情報提供者にはそれぞれ「ゴルゴ13=$1億」、「フォーク准将=$3億」が支払われる事になっているようだが現在はどうなっているのかわからない。