fun-axis @ wiki 名刺交換
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:
コメント:
  • 名刺作成が遅れてしまい、交換し損ねてしまった場面があった。しかし、名刺ができてからは多くの人と交換することができ、交流することができた。名刺を渡しておくことで、メールをいただいたり、電話をいただけたりしたので、なるべく多くの人に渡せたら良いと感じた。 -- so (2007-10-03 12:19:03)
  • ・時間をかけて制作した50枚ほどの名刺が全部ミスプリントだった.そのせいで,ペンで修正したものを渡すことになって,みすぼらしかった.詰めの甘さを感じた.
    ・名刺を大量に作成したはいいものの,プレゼンした人には渡すタイミングがいまいちわからず,あまり交換できなかった.でも,他大学の先生方や学生と沢山交換できた.交換して満足するのではなく,これからも繋がりを持つために,どんどん活用していければいいと思う. -- ys (2007-09-13 13:50:05)
  • 当日までに名刺が用意できなかったことがまずだらしなかった.渡すときにどのタイミングで渡していいのか,そもそも渡してもいい人なのか,探り探りで結局行動に移すことが出来なかった.しかし,名刺を渡したその日のうちにメールを貰えた事はとても嬉しかった.こういう気の遣い方もあるのかと初めて知った.交流は大切だと改めて実感. -- ms (2007-09-13 00:50:05)