※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FPS症候群とは


FPS症候群とは、FPSゲームにのめり込んだプレイヤーが発症する、といわれている架空の病気。
主に2ちゃんねる内の「FPS症候群について語ろうよ」スレッドにおいて、その定義が議論されている。
古くはMS-DOSの時代、黎明期のFPS系ゲーム (Wolfenstein3DやDOOM、Quake等)の頃から、類似の症状(?)を告白するプレイヤーなどがネットワーク界隈には存在していたため、実際に発症し得る病気ともいえる。

現在の2ちゃんねるにおける議論では、大きく分けて三つの段階と、リアル系FPS症候群・スポーツ系FPS症候群の二系統に分ける事ができる。
しかし、あくまで一般的な分類であり、リアル系、スポーツ系に大きく傾いた患者などは、完全に症状が一致するわけではない。
患者は、一般的にバールや、バールのようなものを神聖視する傾向がある。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー