キャラ名 サ行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さ~そ


サイ=サイシー(機動武闘伝Gガンダム)

性格はおっちょこちょいで明るい。ドモンのことを「アニキ」と呼んで慕う。
また、拳法の腕前も抜群であるほか、中華料理の腕前もかなりのもの。ただしオバケなどは苦手である。
何せパイロットスーツがぴっちんぱっつんのウェットスーツ仕様!これはたまりませんってばw。CVにも注目したい物がw

冴場京二(さえばきょうじ/スポチャン対決!~妖怪大決戦)

剣崎仁を庇いいじめられっ子から助けていた正義感の強い子。スポーツチャンバラでは地区大会等でもチャンピオンになる程の腕前。それがいつの間にか魔妖怪の力を手に入れてしまって性格が変わってしまった。本の正義感あふれる少年に戻るのは何時のことになるのか。

早乙女与一(さおとめよいち/終わりのセラフ)

目の前で姉を吸血鬼に殺され、復讐を誓い日本帝鬼軍に入隊する。百夜優一郎とは同級生。心優しいがいざというときは困難に立ち向かえる子。ちょっとドジッ子でよく学校ものアニメにいる「いじめられっ子」でもあった。それでいて曲がったことは大嫌いなんですよね、この子ったら。

先島光(さきしまひかる/凪のあすから)

口が悪く素直じゃないけど正義感が強くって、面倒見が良い。猪突猛進な所もある中学生。海の世界での神社宮司の息子だが特にその事については気にしていない。冬眠から目覚めた後は、地上の時間経過に何とかついて行こうと努力する一面も。初回登場が短パンにエプロンという凄い格好であったのはいうまでも無く(何)。

桜田セキト(さくらだせきと/ヒーローバンク)

七服神の一人・龍牙とのバトルに苦戦しているカイト&ナガレ達の前に介入、その後カイト達のクラスに転向してきた謎の少年。その正体は日本政府からの特命を請けたエージェント。ヒーロー着を装着せずとも電磁介入することで電脳空間に生身のまま入る事が出来、電脳空間に詳しい。もちろんヒーロー着を着て戦うこともあるがカイトの味方なのか敵なのかは果たして・・・?

櫻田輝(さくらだてる/城下町のダンデライオン)

とある国の王族「櫻田家」の三男(末息子)。小学生。特殊能力を持ち、この子は「怪力超人(リミットオーバー)」。重量物を持ち上げたり、建物の外壁を登ることができたりという外見の小ささ(!)に比べて能力はでかい。一番小さい割りにはしっかり者。

櫻田遥(さくらだはるか/城下町のダンデライオン)

櫻田輝と同じく王族「櫻田家」の次男。中学生。特殊能力は「確率予知(ロッツオブネクスト)」。あらゆるパターンの確立を推測し知ることができる。主人公である三女のフォロー役に回ることもままある。

佐々木優太(ささきゆうた/キューティクル探偵因幡)

自称因幡の助手。女装癖がアリ、常に女装していて「女子校」に通うれっきとした少年。
中国奥地で会得したと言われる秘孔を使った拳法で因幡を狼男に変身させることができる。
常識に欠ける子というか、何なんでしょ、この子w

サスケ(幻想水滸伝II)

とある忍者の里の副頭領のカスミを密かに慕っているウブな少年。
そのカスミは2の主人公を慕っていると言うからその辺の関係はややこやしいものw。

サマルトリアの王子(DRAGON QUEST II)

ショタとして扱っていいものかどうか迷いましたが、大半のファンサイトやおねーさま方のサイトで13~16歳ぐらいの年齢設定で書かれてたりするので掲載決定!
ドラクエ2作目で男の子ながら魔法が使え剣も使えるというパッと見オールマイティなキャラ。
しかし実は筋力がそれほど無く、大切なときには判断力に欠けたり、ここ一番という時に攻撃をミスしたりとちょっと情けない所も。
実はこの子、法服の下は黒の全身タイツ着用という格好なんですねぇ。そこの所が萌えていたりするわけで、わけで。

小夜左文字(さよさもんじ/刀剣乱舞)

左文字銘の短刀。「年長けて また越ゆべしと思ひきや 命なりけり小夜の中山」という西行法師の歌から名付けられたといわれる。寺の小僧が着ける袈裟に大きな市女笠を背負っている。そのお陰でエフェクトが見えないという苦情もあったほど。先述の詩から分かるように復習を念頭に置いている子のため口から出てくるのは戦闘のことばかり。それでも兄(宗三左文字、江雪左文字)にちやほやされてるのは内心嬉しい。柿が大好物(これも曰くがある)。

三条海里(さんじょうかいり/しゅごキャラ!)

外見から見てもメガネに真ん中分けの頭髪といった頭脳派。しかし、主人公(日奈森あむ)の2歳年下。
メンバー中最年少ながらも何かと仕切ることが多く、さりげない気遣いが出来年齢の割には大人びた風体を見せる。
古風な言い回しをよく使い「以後よしなに」などと言うことが。昔から宮本武蔵にあこがれを抱いており、キャラなりした際にでもポニーテールの宮本武蔵似の髪型に変わる。
アニメ版のキャラを見ればこれでも年下?と思えるほどの言動。流石ですわぁ。

椎名翼(しいなつばさ/ホイッスル!)

主人公と同じ中学生。なのに思考は既に大人。子どもの考え方を口走ったりしないのがこの子の魅力。
ショタっこにも関わらずサッカーのユニフォーム以外だと短パン半袖はあまり似合わない。
なのに、お姉様方には色々といじられる有様。得意なのは口からでてくるマシンガントーク。
放っておけば2~3時間は有に喋るのではと言うほどの話題の豊富さ。

シール・ド・サブレ(蛙の為に鐘は鳴る/大乱闘スマッシュブラザーズ)

お人よしかつ単純であるが情には厚い。経済大国の王子として生まれたためか金銭面の不自由はなく、何でも金の力で解決できると思っている。
泳げなく、カナヅチ。ただ、作品中で蛙に変身すると泳げるようになる。デラーリン打倒後、ティラミス姫と結婚。
作品中では温泉玉子で蛇に、水に触れると蛙に、幸せの果実を食べると人間になる。
ゲームボーイがまだモノクロ時代に出たRPGで、おいらがクリア出来た数少ないアクションRPGの一つ。
でも、実はソフト自体買ってなくって店頭試技台でクリアしてしまったという逸話がある。なお、名前は任意に付けられる。

汐留行(しおどめいく/ミラクルトレイン・大江戸線へようこそ!)

大江戸線を擬人化したアニメのキャラクター。その中で汐留駅を擬人化してキャラクターとしたもの。
見た目は14~15歳の少年。実は擬人化キャラクターのため年齢設定がない。隠れ鉄道オタクで、他の面子より鉄道のことが詳しい。
お茶マニアでもあり、日本茶インストラクターの資格も持っている。ショタ色がメンバー中一番強い。

ジーニアス=セイジ(テイルズオブシンフォニア)

イセリアに住むハーフエルフの少年。主人公の親友で、姉リフィルがいる。名門学校から招待を受けるほどの頭脳の持ち主。
パーティではリフィルに次いで学力に長け、物理学の衝撃の計算を暗算であっさり行える。
嫌いな食べ物が人参と言うところがおこちゃまですな。剣玉で敵を倒すのもお子ちゃまっぽくGood。

ジタン=トライバル(FinalFantasy IX)

ジェノムと呼ばれる尻尾が生えた種族の子。表向きは歌劇団、裏を返せば盗賊団の「タンタラス」の一員。幼少の頃の記憶が無く、明るくお調子者で女好き。ただ、困ってる人は見過ごせないたちで、その性格が故に大きな事件へと巻き込まれてゆく。トランスした時の全裸が何とも(何)。

J(爆走兄弟レッツ&ゴー)

つなぎというよりかは全身タイツですな。あんなにぴったりとしてるんですから。それにあのこんがりと焼けたような皮膚色。
世話好きで烈や豪たちの間を取り持つ緩衝材といった所でしょうか(何)。

ジェナス=ディラ(GetRide!アムドライバー)

何かと熱血少年であり、まっすぐな心を持つ子。何がこの子に興味を持たせたってあーた、ドライブスーツですよ。
いざ戦闘となると普段着からドライブスーツと呼ばれる頭から足のつま先までぴっちりと覆われた全身タイツのような服に身を包んで戦闘をおっぱじめるんですから。そこが魅力的なんですなぁ。はぃ。

ジャン・アンリ=ダッソー(アルバレアの乙女)

嵐雷聖騎士団団長。5人いる騎士団団長の中で一番年が若い。
行動、考え方も全て少年っぽく、それが故に周りに多少なりと迷惑をかけることもあるが、逆にそれが基点となって主人公であるプレイヤー(女性)に有利に働くことも。
このゲームは5人のうちの1人をターゲットとして恋愛成就させる・・・というのが本来の目的ではあるが、この子ばかりを目的に遊んでばかり居たというのは秘密。

シュウ(イナズマイレブンGO)

フィフスセクターの育成場所「ゴッドエデン」に関わる少年。サッカーの力量こそ人の力量であるという強い概念を持つが、話すと意外とそうでもなく、天然色丸出し。映画版では雷門イレブンとチームを組んだゴッドイレブンチームとのキャプテンをも務めた。もみあげに特徴あり。

シューゴ(.hack//黄昏の腕輪伝説)

「.hack//」は元々ゲームなのだが架空ゲームの名称でもあるらしい(よくは知らない)。
その中での男の子剣士なのがこのシューゴ(秀悟)。女の子キャラにでれでれになるところなどはショタの原則に適してますな。

ジューダス(テイルズオブデスティニー2)

怪物の頭蓋骨をかぶった剣士の少年。言動からは大人っぽいところがあるが、食べ物に好き嫌いがあったり、カイルをからかったりなどするところを見るとお子ちゃまっぽいところも。
実はこの子、リオン=マグナス(テイルズオブデスティニー)である。

シュン(幻想水滸伝V)

闘技奴隷の少年。ゲームの序盤と終盤にしか出て来ませんが、その格好たるやそばかすに筋肉質の腕、それに闘技奴隷ってだけでおにーさんは萌え萌えですよ・・(照れ)。

ジュニア(ガイナンジュニア/ゼノサーガ)

本来は26歳の青年(?)。でも、やることなすこと少年っぽく見えるのは私だけではないはず。
銃を貰って少年見たく喜んでみたりとか。ケイオスと並んでみるとこれまた腹違いの双子の兄弟見たいに見えてくるから不思議。

翔(しょう/ポップンミュージック)

頭身が小さいからかおにーさんの目にとまることに。
バスケットの少年自体はそんなに萌えることはないのですが(偏見)、やっぱり頭身の小ささからなんでしょうかねぇ。

ジョーイ(本名:ジョセフ=カーター=ジョーンズ/HEROMAN)

どこにでもいそうないじめられっ子の平々凡々な少年。とあるきっかけから玩具のロボットを拾いそれがいつしか巨大化して世界を救うヒーローに。
貧乏な家のため学習時間を削ってアルバイトをしているため成績は中の下辺り。恋愛関係のことには奥手でその手の話にはのってこない。

ジル(ドルアーガの塔~the Aegis of URUK)

一応パーティのリーダーだが「登頂者」としての経験は浅く1話でゴブリンに体当たりされ伸びる程の経験の無さ。
ただ身体は頑健で、専ら盾役として役割を果たす事が多い。顔はショタっこ。妄想に走るととことんのめり込むタイプらしい。

白銀スバル(しろがねすばる/クロスファイトビーダマン)

龍ヶ崎カケルのライバル。小さい頃からビーダマンをやらされていて腕は一級品。
実はちょっと照れ屋さんで、ツッコミに弱い所もある。一匹狼な所も見せるが決める所は決める。

白銀レッカ(しろがねれっか/ガイストクラッシャー)

揉め事に首を突っ込み10倍にも100倍にもふくれあげて終わらせることが好きな少年。ただ困った人がいたら助けるのが心情。いつもここぞと言うときには必ず空腹で、お弁当などで腹一杯食べないと力が出ない。猪突猛進な所もあるが意外と情に厚い。コスチュームがピチパツなので加点有り(何の)。

シン=アスカ(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の主人公。幼いながらも軍役に従事。
目の前で両親と妹を惨殺された暗い過去を持ちながら、それに復讐するために従事するという理由が単純。
猪突猛進ですぐかっとなりやすいが思いやりの心も持つ優しい子。

シンク=イズミ(DOGDAYS)

日本人とイギリス人とのハーフで、英国籍。実家は英国に有り、別荘が日本にある。趣味はアスレチックで、高いところからの飛び降りやかなりの距離があるジャンプもお手の物。フロニャルドへ行って「戦」が鬼ごっこのようなものだと分かると俄然張り切り、ミルヒオーレやガウル達とも拳を交える。ドジな面もあるが決めるところはきっちり決めるヒロイックな性格の持ち主。

進藤守(しんどうまもる/ネットゴーストPIPOPA)

勇太とは全くの逆でネットやコンピュータに関する知識は大人顔負け。勇太の転校前の親友。
ネット世界にさまよう事になる勇太をその持ち前のプログラミング技術で助ける存在。天才っこも儂は好きですな。
こう、天才肌を見せてお兄ちゃんぶる子って言うのも。

ジン=ラッセル(問題児たちが異世界から来るそうですよ?)

齢11にしてギルド「ノーネーム」のリーダー。所持ギフトは「精霊使役」。知識や洞察力、機転の良さはギルド一を誇る。
かつて敵であった時の他のギルドもその能力は舌を巻く。ギルドとしての活動はとある事件をきっかけに低迷しており、
かつての栄華を取り戻すために努力している。

鈴風草太(すずかぜそうた/おとぎ銃士赤ずきん)

ひょんなことから「赤ずきん」を居候させることになった不運の小学生。
けど居候させてからは意外と赤ずきんやら眠り姫達とも上手くやっている。
ショタっこではあるものの意外とナイトとしての心意気は強く、時折赤ずきんをかばうといったシーンも見受けられる。

昴(すばる/聖闘士星矢Ω)

光牙を慕って鋼鉄聖闘士養成所から抜け出し旅をする少年。鋼鉄聖闘士養成所の中ではずば抜けた才能を持ってはいるものの、言うことを聞かない(猪突猛進)ためか、養成所のコーチとも諍いを起こしている。ようやく鋼鉄聖闘士から青銅聖闘士へと昇格を果たす。青銅聖闘士での聖衣は「子馬座」。ただ、この鋼鉄聖闘士は仮の姿であり、その正体は光牙たちに仇なす「サターン」であった。・・・・だから最初から声が(ごにょごにょ

III(すりー/遊戯王ZEXAL)

ナンバーズを集めている3兄弟の一人。末の弟で兄のIVには懐いている。
バトルはなかなかの腕前ではあるが、今一歩の決め手に欠ける。ショタ度は200%お墨付きの可愛さ。

州倭慎吾(すわしんご/機神大戦ギガンテックフォーミュラ)

田舎育ちの一少年。ゲームが大好きで一度始めると周囲が分からなくなるほど。
とあることがきっかけで世界を巻き込むロボット大戦のパイロットになる。
両親は事情により死別しており、施設で育てられており、その時に名字が付けられた。何でこの子がおいらの目に止まったか。
答えは一つ。ロボットもののパイロット特有のつなぎでエナメル質のパイロットスーツを着てるから(えへ)。

瀬尾雄斗(せおゆうと/ユート)

スピードスケート(ショートトラック)でひたむきに頑張る姿を書いた作品の主人公の少年。
スピードスケートと言えばほぼ全身タイツのようなウェアを纏ってやる競技。
そこに儂は萌えたわけですよ。もうかわいいったらありゃしないw。連載が打ち切られたのが残念w

刹那=F=セイエイ(せつな=えふ=せいえい/機動戦士ガンダムOO)

アニメ「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」の主人公。非常に無口。
冷静沈着で人を殺すのにも顔一つ表情を変えないという怖さの子。
だけどお兄ちゃんの目にとまればそんな事関係ないのさー!パイロットスーツはつなぎで、ぴったり密着だし。

瀬野アラタ(せのあらた/ダンボール戦機WARS)

LBXが大好きで、LBXプレイヤー育成専門学校に入学した少年。猪突猛進で、人思い。LBXのことになると他の勉強そっちのけでのめり込むタイプ。おかげで教官に絞られることもしばしば。熱血馬鹿なんだけど何故か憎めない、そんなやつなんですな。

芹沢瞬兵(せりざわしゅんぺい/勇者聖戦バーンガーン)

勇者シリーズでは異色のゲームもの。気弱で泣き虫な所があるが、正義感が強い。
遅刻の常習犯で留年するかもしれないと危惧したこともあるらしい。
王道である半ズボンは穿いているが長袖だったりする・・・。
ゲーム内で半袖になってくれないかなと淡い期待を持つお兄ちゃんがここに一人・・・。

先導アイチ(せんどうあいち/カードファイト!!ヴァンガード)

クラスでもぱっとしない平々凡々な中学生の男の子。
ただ、「ヴァンガード」というカードゲームの「ブラスターブレード」に描かれた騎士に「いつかはこんなかっこいい人になりたい」とあこがれる。
そんなある日彼はそのカードをくれた男の子と出会いヴァンガードの勝負をすることとなる。
引っ込み思案な彼なのにブラスターブレードの前では強気になれる彼。そこのギャップがかわええんですけどね。

旋風寺舞人(せんぷうじまいと/勇者特急マイトガイン)

いい所のお坊ちゃま。若年にしてコンツェルンの総帥であるこの子。
女の子に対してはシャイな一面も見せる。いい所のお坊ちゃまだけあって幼い頃から英才教育を受け、頭脳明晰スポーツ万能で非の打ち所がない。
黒をベースとし、ジャケットとガーターをつけている。戦闘時にはこれに特製のヘルメットをかぶる。
特徴としては15歳に見えない童顔。そこに惹かれる所があるのは秘密ですw。

ソウジロウ=セタ(ログ・ホライズン)

オンラインゲーム「エルダー・テイル」のキャラ。過去にチーム「放蕩者の茶会」での前衛を務め偉業を成し遂げる。今ではギルド「西風の旅団」を立ち上げ弱小ながらギルドマスターを務めている。名前の通り原案は「瀬田宗次郎」であり、明治時代の新撰組に関連するキャラであることは一目瞭然。自分のことを「前衛バカ」と言う程作戦に関しては立案するよりも実行する方のキャラ。見た目は15~6才のキャラ。シロエの作戦に一枚噛もうとしているようだが・・・?でも、ショタなんですよね、結局は。

ソウタ(ゾイドジェネシス)

元々は主人公に敵対していたディガルド軍軍人。だが、あるきっかけで自分が掌でもてあそばれていることを知り、主人公に味方をするように。
以後は討伐軍に身を置き、その才能を活かしてコトナと共にギルドラゴンを操縦したり、専用のランスタッグで戦闘に参加したりした。
見た目はバトルスピリッツの「J」に似ている。ええショタっぷりで、「闇の力」に染まる時でもショタらしい雰囲気たっぷり。
そこがお兄さんの食指を動かしたともそうでないとも。

ソーマ(甲虫王者ムシキング)

森の民の世界で一人で旅を続ける孤独な少年。自分の力だけを頼りに旅をしている。ナイーブでクールな性格。
ポポの友人でありライバルでもある。どこかQMAのセリオスに似ている所があるのよね・・。

相馬空海(そうまくうかい/しゅごキャラ!)

あむの先輩であり教育係。5人兄弟の末弟であるが明るく活発でサッカー部の主将。
頼れるお兄さん的存在で、運動神経はかなり良い。
猪突猛進な一面も見せるがあむ達にいさめられている。
どこにでも居るようなやんちゃな男の子って感じではないんだけど、ムードメーカーとしているようなそんな感じの男の子。この子も半ズボン着用。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。