キャラ名 ア行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あ~お

アーク(アーク・ザ・ラッド(アニメ))

スメリア王家の血を引く少年。5大精霊すべての加護を受けた特別な存在(「選ばれし勇者」)であるが、1年前のスメリア王家崩壊劇の濡れ衣を着せられ、全世界的に指名手配されている。
で、意外と天然。鉢巻をして、気合いを入れているのか、何かと顔に比べて勇ましく感じる面も。

相沢たける(あいざわたける/侵略!イカ娘)

海の家「れもん」を経営する相沢家の長男。イカ娘が来た際でも恐れおののきもせずに接し、平気で触手に巻かれたりイカスミを浴びたりといった事を平気でやってのけるショタっ子。海で遊ぶシーンなどは海パンが(以下略

愛染国俊(あいぜんくにとし/刀剣乱舞)

刀身に愛染明王の彫り物がある国俊作の短刀。ゲームの中では機動力がずば抜けて高く、ゲームに出てくる刀剣内でトップ。「来国俊」という刀工もいるがそれとは別。擬人化した格好は愛染明王がプリントされた黄色いTシャツを中に着込んだ格好。赤髪で鼻に絆創膏を貼っているのがポイント。一応やんちゃ坊主ということらしいが果たして・・?

アイス(ポップンミュージック)

ショルダーキーボードを肩にかけ、バンドを引っ張る存在になりたい子・・・らしい。年齢不詳。
ミニッツやタイマー、ショルキーなどとは仲良しでよくお茶を飲んだりしているらしい。
ただ、プレイ中のキーボードの扱いの乱雑さ(スピーカーにぶつける、地面にたたきつける)は何とかならないのかねぇ?

藍川ヒロム(あいかわひろむ/P2!)

県立久勢北中学校の一年生。卓球部に入る以前は極度の運動オンチ。
運動が出来ない代わりに絵を描く才能はあるが、ずば抜けた動体視力のせいか躍動感のある絵が描けない為、スポーツを題材とした絵が苦手だった。
そんな子が卓球を始め、全国大会を目指すというお話の主人公なのに、ショタメーター振り切れw。やることなすこと見事などじっぷりなんだけど、それがまた可愛くてw

青葉弾道(あおばただみち/DANDOH!!)

九州弁がものごっつかわええのが特徴。なのにゴルフはめっちゃお得意というスポーツ少年。
これで半袖半ズボンだったら文句なしなんですけどねぇ。

青砥ゴンザレス琢馬(あおとごんざれすたくま/銀河へキックオフ!!)

川原IFのFW。日本人の母親とスペイン人の父親のハーフ。背は小さいながらもかなりのテクニシャンでボールコントロールは抜群。
精度はかなりの物で、意図的にゴールポストに当てるという芸的な面も見せる。あまり喋らない子。だけどそれがどことなく可愛いのがこの子の特徴であったりなかったり(どっちやねん

明石タギル(あかしたぎる/デジモンクロスウォーズ)

デジモン最新シリーズ「クロスウォーズ」の第3期主人公。猪突猛進な所があり、意外とおバカ。だけど、デジモンがらみやクラスの友人が絡んでくると某タイキと同じく「ほっとけない」。タイキとは紙一重で殆ど似た性格・・・と思ってるのは儂だけ?

暁佐助(あかつきさすけ/バトルスピリッツ烈火魂)

町のバトスピ仲間のリーダー的存在。無法バトラーに伸されてしまう。ちょっとおっちょこちょいな面もあるがムードメーカーでもある。鼻の絆創膏が目印(!)。

暁宇宙(あかつきそら/メタルファイトベイブレード)

自称銀河の一番弟子。実際はただ大会にて目が合っただけである。ベイ歴は3か月。相当に銀河を慕う少年。
そのまま銀河とくっついてしまいやしないかと見ている側をどきわくさせる子である。ツートンカラーの髪の毛が又ショタをそそる。

秋川勇太(あきかわゆうた/ネットゴーストPIPOPA)

至って普通の男の子。気が弱く臆病だが優しい性格なのが取り柄。コンピュータが小さい頃のトラウマなのか苦手で、友人に頼ってばっかりいる。
ピポパと知り合った事でだんだんと勇気や信頼の強さを学ぶ事に。ショタに入るんですよね。こういう弱っちいこ。だけどそういうのも何か憎めないというか。

秋田藤四郎(あきたとうしろう/刀剣乱舞)

粟田口吉光作の短刀。豊臣秀吉に使えた家臣の所持。重要文化財であり、京都国立博物館蔵。尚擬人化した格好は命じ頃の軍服に赤い胴丸、白いタイツを穿いている。一番人気が無かったショタ。でも儂には一番なんじゃ~(以下妄想)。

あきら(みんなで鍛える全脳トレーニング)

ワイシャツに半ズボンというおねー様方にダイレクトに訴えかける格好でゲームの進行をしてくれる。
ゲームを終えるときには「我が儘言って、困らせたくありませんから」なんて可愛い一言も。
この子に会いに行くためにゲーセン通いしているおねー様がたおにー様がたもいるとか。

アキラ=アカツキ(ディスクウォーズ:アヴェンジャーズ)

過去のアメコミヒーロー達と共に悪に立ち向かう少年の一人。パートナーはアイアンマン。猪突猛進で熱血的なところがあるが困っている人をほおっておけない気質がある。兄(ヒカル)とはいいコンビ。

芥川丈途(あくたがわじょうと/R-15)

ポルノグラフィー小説家を目指す少年。実際に「芥川竹人(あくたがわたけと)」として作品も発表している。いろいろと災難に巻き込まれやすいたちで、職業柄行動が変とみられ、周囲から「変態」と呼ばれることもしばしば。隠していればどこにでもいるような中学生なんですけどねぇ。

飛鳥ソーマ(あすかそーま/陰陽大戦記)

鼻を擦ってぐしぐし泣いてるところなんぞはおにーちゃん属性びんびんですよ。
この子のお兄ちゃんよりかはショタ度は高いかな(何

アスラン=ザラ(機動戦士ガンダムSEED)

ガンダムパイロットであり、キラ=ヤマトのライバル。この子もキラと同じ心情を抱くがなぜか軍役にw。
後の「SEED DESTINY」では一般人として出て来たにも関わらずすぐに軍役復帰している所が凄いw。

アゼル・スター(神羅万象チョコ 神獄の章)

勇者を夢見る少年。ぴっちんぱっつんのタンクトップと半ズボン、ニーソに赤毛。ショタ属性出しまくりですね。
これで主人公の神格である少年(?)を「アニキ」と呼んで慕う所などはもうたまらないですよ。ええ。

厚藤四郎(あつとうしろう/刀剣乱舞)

刀身が厚い短刀であるが故の名前。粟田口吉光作の短刀。ゲーム内ではステータスが上位に位置し、短刀の中では使い勝手がそこそこよい。これを所持していた人物は歴史的に有名人が多く、それを自慢としている節がある。ただ、ゲームプレイヤーによってはゲーム内で出現しにくいプレイヤーもいる。声はログ・ホライズンのショタである「トウヤ」の方。

阿藤ジン太(あとうじんた/ガイストクラッシャー)

GCGチームのメカニック担当。レッカよりかなり年下だが飛び級で大学卒資格を持つ。メカニックチーフのボルカノにあこがれを持ち、それがきっかけでチーム入り。意外と頭脳の中枢だったりする。

阿倍昌浩(あべのまさひろ/少年陰陽師)

かけだしの陰陽師(?)。「あの晴明(=安倍晴明)」の孫!?」と言われると何故か怒り出す。
実際に孫なのだがどうも自分の祖父のことと比較されるのがいやらしい。
物の怪の「もっくん」を相棒に京の町の中を東奔西走している。
見事なまでの陰陽道の使役で、何かもっくんに突っ込まれるとすぐ赤面して怒り出すところなんぞはツンデレショタの王道ですな。

天尾翔(あまおしょう/ライブオンカードライバー翔)

カードライブの力はまだまだ未熟なものの仲間のカードを思う気持ちは人一倍強い。
愛犬(?)のペダルをお供に今日もカードライブの腕を磨く。ライブチェンジすると皆のあこがれの的「タテガミウルフ」に。

天野景太(あまのけいた/妖怪ウォッチ)

ごく普通のどこにでも居そうな小学生。ただ自称妖怪執事の「ウィスパー」に妖怪ウォッチを渡され妖怪にまつわる不祥事を解決していく。ウィスパーのボケに突っ込みを入れるのが日課(?)。

天野ナガレ(あまのながれ/ヒーローバンク)

ガッポリカンパニーの「なんでも部長」にしてカイトの大親友。アニメでは女装も披露し、おねいさま方の中での薄い本では専ら「男の娘」として描かれることが多いとか多くないとか。ヒーロー着は「ジャスティスダラー」。

天野雪輝(あまのゆきてる/未来日記)

未来日記最初の所持者である中学2年生。内向的な性格で有り、積極的に物事に関わろうとはしない。唯一の友人というのが雪輝の空想上空間にいる「デウス」。未来日記を所持することで空想上の存在だったはずの「デウス」がしかけたサバイバルゲームに巻き込まれることになる。

天海護(あまみまもる/勇者王ガオガイガー)

天真爛漫な小学校三年生。「うわっはー」と喜ぶのが口癖。虫も殺せないほどの心優しい面がある。
実は地球人ではなく、三重連太陽系緑の星の生まれ。本名は「ラティオ」。
素直で純真な性格であるためか主人公である「獅子王凱」のことを「おじさん」呼ばわりしたり、遊園地のキャラクターに対して「だっさいの~」とか心に突き刺さる暴言を吐くこともある。
地球にいるときもさることながら、本来の星に戻ったときの格好も半袖半ズボンであり、ショタっこの王道を行く(FINALではノースリーブの貫頭衣を身につけている)。

雨宮月(あまみやるな/レッスルエンジェルス・リングドリーム)

見た目は女の子に見えるが実は男といういわゆる「男の娘」。男子プロレスでプロレスラーとしてやるには貧弱なので、女子プロレスラーとして活動することに。電車の中で女の子と間違えられ痴漢に遭うこともしばしば。プレイスタイルとしては投げを中心とした空中殺法。得意技はノーザンライトスープレックス(北斗原爆固め)。

アラジン(マギ)

巨大な精霊を宿す笛を所持する旅の少年。口癖が特徴的で大人っぽい。争い事は好まず、平和且つ穏便に事を済ませようとするタイプ。小さいながらも男性欲求には活発でいわゆる「巨乳」の女性には胸に飛び込みつきまとうくせがある。

アリーア・フォン・レイジ・アスナ(ガンダムビルドファイターズ)

ガンプラバトルをするセイの前に突如現れた、異世界「アリアン」の王子を名乗る少年。通称「レイジ」。セイとはガンプラバトルでタッグを組み、専ら操作系を担当する。生まれて初めてガンプラバトルをした割にはかなりバトル技術は高く、大会で1・2を争うほど。但し、アンフェアなバトルをされたり、礼節を欠いたプレイヤーが相手だと怒りをあらわにする面もある。「一宿一飯の恩義」は必ず実行している。で、どこか憎めない点もあったりするわけで、わけで。

有田春雪(ありたはるゆき/アクセルワールド)

平々凡々な高校生。ちんまるいことから仮想空間でのアバターも豚。通常世界では運動能力はからっきし無いが、アクセルワールド内では驚異的な能力を発揮する。ある日、「黒雪姫」を見かけてからというもの御注進になり、同じ学校にいる一女生徒(しかも先輩)で有ることが分かったからさぁ大変。彼と彼女の周りに起こるアクセルワールドと現実世界での事件にどう対応するのか・・。
ある意味儂に似てる?(ぉ

アルクゥ(DS版FinalFantasyIII)

おっとりしてて学者肌。でもやるときゃやるという可愛い子。
公式ページなどを見ると狩人や赤魔、黒魔などが多いのですが、私は断然白魔&導師。理由はただ一つ。猫耳!

有瀬七海(あるせななみ/怪盗ファントム&ダークネスEX-GP)

表向きはとある小学校の普通の少年。裏を返せば自分の学級の担任(=怪盗ダークネス)と組んで怪盗をしている。
学校では一応先生と生徒という関係は保っているものの、仕事の件となると師匠と弟子という関係に変わる。
仕事の時のコスチュームというのが半ズボン着用なんですなこれが。しかも第1話では怪盗らしく全身黒タイツを着ているという見事なショタっぷり。
挿絵が少ないのが残念でならないのですけどw。

アルバ(サモンナイト4)

孤児院で騎士になることを夢見る少年。近くの剣術道場に通い剣術を学んでいる。ゲーム中では主人公のパーティに剣術の稽古だとして同行するが、ひょんな事ではぐれてしまい、怪我をしたところを再度助けられる。ゲームの描写では袖無しの服を着て胸板が分かるようなキャラ描写が成されており、そこがいいというおねぃさま方が多数いるとかいないとか。この子の水着姿がソーシャルゲームで拝めるのは公然の秘密である。

アルフ・オクトライン(リーズのアトリエ)

主人公リーズの事を少し気にかけてはいるがそのことを突っ込むと黙して何も語ろうとはしないウブな少年。
剣の腕は確かな物ではあるがイマイチ攻撃力に欠く。

アルミン=アルレルト(進撃の巨人)

軍役に付いてる少年。一兵卒ながら軍師としての力をめきめきと付け、軍師への道をひたすら歩んでいる。ただ、恐怖を感じるとどうしても怖じ気づいてしまうところが玉に瑕。おねいさま方からは♂として扱わず、「男の娘」として扱われ、メイドを始め、セーラー服、スクール水着などの女装をされて描かれることもしばしば。言っておきますが「♂」なのでw。

アンドロメダ瞬(聖闘士星矢)

アンドロメダ座の青銅聖闘士。兄の「キグナス一輝」を慕い、聖闘士の世界に。
ただ、気弱な性格と優しい子であるためか、いつもやられ役に。ただ、ビシッと決めるときには例え、自分に優しく接した者でも厳しくあたる。
この子は分銅付きの鎖を武器としている。愛くるしい顔といい、その口から出てくる言動といい、何度この子に癒されたことか。
一度は自分の兄にたたきのめされるも這い上がってくるその心意気にお兄さんは感動してるんですぜ。

イオリ・セイ(ガンダムビルドファイターズ)

ガンダムのプラモデル、通称ガンプラを作るのが大好きな男の子。ガンプラを作って仮想システムでのガンプラ同士のバトルをする大会では上手く戦えはしないが、異世界の少年レイジと出会うことにより自分は設計オンリー、彼にバトルを任せてめきめきと頭角を現していく。結構熱中するこの子。そのためか世の中のおねいさん達にいぢめられる事もしばしば。

イオン(テイルズオブジアビス)

教団の最高指導者「導師」。中性的な顔立ち、献身的で穏やかな性格。何かとパーティ内の諍いの仲裁役。高度な譜術を使えるのだが医者から虚弱体質であるために止められている。だが、最期には世界を救うためとしてその譜術を使い命尽き果ててしまう。

五十嵐ガンタ(いがらしがんた/デッドマンワンダーランド)

「赤い男」に赤いダイヤモンドを体内に打ち込まれデッドマンとなってしまった中学生。その「赤い男」が起こしたクラスメート全員の惨殺事件の犯人に仕立て上げられ、刑務所こと「デッドマンワンダーランド」送りとなる。そこで「シロ」と名乗る少女に出逢い、運命を変えていくことになる。このデッドマンワンダーランドの中では弱肉強食の世界で、殺し合いや強奪は日常茶飯事に起こっている。

池沢佳主馬(いけざわかずま/サマーウォーズ)

長野の片田舎に住む中1にしてコンピュータ世界に精通している少年。ネット経由で拳法も学んでいたことも有り、腕に覚えがある。ただ、彼に突拍子もないことをすると冷ややかな反応しか返さない為世の中のM傾向にあるファンはたまらない存在なのだとか。因みに褐色でタンクトップ、半ズボン。

伊佐木要(いさきかなめ/凪のあすから)

中性的な顔立ちをした少年。専ら光の突っ込み役。時折、毒のある発言をしれっと言うところがこの子のくせ。表情も殆どポーカーフェイスで崩したところは見たことがない(らしい)。

イザナ・アスカ(スーパービックリマン)

フェニックスに惚れ込んで一行に同行を許して貰った少年(天使)。料理の腕は確かな物で一行が一目置くほどの腕前。
ただ、お金と女の子に羽目が無くどうしてもそっちの方についつい目が向いてしまう。
同行を申し出たのはいいものの、付いていくだけで何も出来ないことを悔やんでいた。
後に変身(サイバーアップ)出来るように(グリーンを基調としたデザイン)なり、戦力として一躍をになうほどにまでなった。

伊佐那社(いざなやしろ/K)

この子を(年齢的に)ショタに入れていいものかどうか迷いましたが、言動がショタなのでショタ決定!(ぇ
平々凡々な少年で、昼食はいつもクラスメートから弁当のお裾分けばかり。
そんな子が世界を揺るがす揉め事に巻き込まれることに。
一挙手一頭足全てお子ちゃまなんだよねぇ・・・。一家に一人は欲しいショタ高校生(ぉぃ

一之宮光(いちのみやひかる/しゅごキャラ!どっきどき)

前作までは姿は出てこなかったものの「御前様」と呼ばれていた存在。後に前シリーズ最終話で小学1年生の超秀才児と判明。
英才教育を受けて育ったためか、ちょっと世間知らず&偏見持ち。
でも、子供っぽさは残っている(水鉄砲でムキになる等)。ベレー帽に半ズボンと言ったしょた色満載ででてきた回もあり、世の中のショタファンにとってはたまらない存在になった。
一部では王子こと唯世が「大人」になってしまったからという説もあるが定かではない。

犬上小太郎(いぬがみこたろう/ネギま!)

主人公をライバル視している魔法使い(!)。実はこの子、狼の血を引いたハーフでして。
さらに、学ランに関西弁。なかなかやりおるな、おぬしw。主人公(ネギ先生)の生徒ではないのですが何かあるとネギ先生のサポートをするという頼もしいわんこ(何。
初登場が犬耳尻尾付きのすっぽんぽんと言うからたまりませんw。

猪俣ケン(いのまたけん/あにゃまる探偵キルミンずぅ)

カトレア学園初等部5年生でリコ達のクラスメイト。調子に乗りやすく活発だが、素直になれない一面もある。
臆病な一面があり、暗い場所を苦手とする。また、リコには数多くの弱みを握られ尻に敷かれているとされる。
気合いを入れるとき口癖で「ガッツ(一発)」と言い、何かを探るときは「名探偵ケンロック・ホームズ」を自称する。
運動能力は高いが学業成績は芳しくない。キルミンでねずみに変身する。

今剣(いまのつるぎ/刀剣乱舞)

源義経の守り刀として作られた三条宗近作の短刀。このゲームでは刀が擬人化されてゲームになっている。この「子」は天狗の格好(山伏・一枚歯の下駄を履いている)をしている。セリフは全部平仮名。

宇都宮虎丸(うつのみやとらまる/イナズマイレブン)

イナズマジャパンの中で唯一の小学生(他は全員中学生)。
抜群のサッカー能力を持ってはいる物の、突出していたため前にいたチームでは浮いていた。ポジションはFW。
自称でGK以外ならどこでもできるという。「GO」ではイシドシュウジの片腕として辣腕をふるってはいるがその内心は計り知れない。
でも、イシドシュウジがあの人だと分かって安心しました。ね、豪炎寺。(呼びつけかぃ

海原エイト(うなばらえいと/メタルファイトベイブレードZERO-G)

わがままで自己中。ベイブレードのファイトを仕掛けては負けた相手に顔への落書きを強要しているので他のベイブレーダーからは嫌がられている。悔しいことがあると兄のカイトに泣きつく。「お兄ちゃん天才!」などブラコン発言多し。

浦島虎徹(うらしまこてつ/刀剣乱舞)

刀身に浦島太郎が掘られた虎徹作の脇差し。性格は天真爛漫。シアン色の陣羽織のようなものを着ている。上半身ははだけており、腹には晒しを巻いている様子が見える。天然。

ヴァルム(賢者の長き不在)

本名「ヴァルム・ルーン・ティルテュ」。見た目お子ちゃまの王子さま。
呪いのせいでちっちゃい格好のままなのですがこれがまたかわゆーてかわゆーて。
かいぐりしちゃいたい子です。

ウィル(サモンナイト3)

冷めたように見える物静かな少年。何でもそつなくこなすが人に対しては皮肉を言ってしまうこともしばしば。小動物に対しては非常に温かく接する。頭に円筒形の帽子をかぶっている。背は低くて円筒形の帽子がないと背が高く見えない。

ヴィンス(ピカイア!)

カンブリア時代の生物を調査する為に、選ばれた子供。カンブリア時代の生物にかなりの興味を持ち、調査に協力するが持ち前の性格か猪突猛進することも。可愛さに関してはいい子なんだけどねぇ。

泳人(えいと/ポップンミュージック)

ライフセイバーを生業としている子(?)。スパッツのような水着を着て金メダルを取るのが夢なんだとか。
そのスパッツが黄色で、帽子も黄色。微妙にこがしが入っている肌がまた絶妙におにーさんの心を擽ったりしちゃうわけで。
実はこのキャラ、二十歳を超えてるって知ってました?儂も最近知ったんですけどね(ぇ

エドワード=グラント(ディスクウォーズアベンジャーズ)

引っ込み思案でおとなしい性格の子。成績は優秀でスーパーヒーローのマニア。
今回の発端となった「刑務所見学」もそのヒーローを見たいが為に応募。
パートナーは見た目と大違いの「ハルク」。

エミリオ=ミハイロフ(サイキックフォース)

当時は「僕をなんでそっとしておいてくれないんだー!」などといったセリフで一世を風靡したショタ度満載の格ゲーキャラでしたね。
最初は「実は女の子だったりして」と思っていた物ですがその説は音を立ててガラガラと崩れていったのでした・・・。
通称堕天使。やることなすことエグいんですものw

エミル=キャスタニエ(テイルズオブシンフォニア・ラタトスクの騎士)

ロイド=アーヴィングが起こしたとされる「血の粛清」のおかげで両親を亡くす。その為、ロイドを見かけると目の敵にして斬りかかろうとしたりすることもしばしば。目上の日とに対しては経緯をもってい接する素直な子だが、気弱で臆病で有り、自己判断が苦手。周りに責められると下を向いて謝罪を口にすることも。なんと言ってもまだまだガキですな(何

エリオ=モンディアル(魔法少女リリカルなのはStrikers)

立派な軍人さん(ぇ)。この子10歳ですよ?なのに立派な軍役を務めてるってw
お兄さんの心を射止めたのが半ズボンの出で立ち。目上に対しての礼儀だとか、素直な性格、わんこキャラのキングオブわんこといった所でしょうか。
何かと面倒見もいいらしいのですが果たして・・・?

エルク(アーク・ザ・ラッド(アニメ))

炎使いの一族の末裔。ハンター業を始めるが、アークが原因で自分の村が襲われたと信じ込んでいる。
頭にバンダナ、ツンツン頭、一途な所・・・。
どこを取ってもショタっこというかお馬鹿なキャラっぽくてそこがお兄さんにつけ込ませる所なんですけどね(はぁと)。

円修律(えんしゅうりつ/R-15)

数学の天才で丈途の親友。尊敬する人はピタゴラス。入学早々に丈途にキスされてからというもの禁断の恋を抱くようになり、本人の前でそれらしくそぶりを見せてはいるもののいつも空振り。

円堂守(えんどうまもる/イナズマイレブン)

雷門中学2年生でサッカー部キャプテン。ポジションはGK。やる気がなかったサッカー部を復興させ一人前に対戦できるようにした一人。
常に前向きで仲間からの信頼も厚い。熱血さに引かれた・・・かな。今放映されている「GO」では元雷門中学理事長の娘と結婚して雷門中のサッカー部監督に。

王子(幻想水滸伝V)

敢えてこの名前で載っけます。鎖骨も見えてて露出度が微妙にいいこの子。これで一国の王子なんですからねぇ。
この可愛い美貌のおかげでか、偽物まで現れる始末。可愛いって罪ですねぇ(何。

大空ヒロ(ダンボール戦機W)

山野バンとデパートで知り合い、それ以来LBXにはまるようになったオタクの少年。
元々はアニメ一筋のオタクだったが、デパート自体をLBXで襲われる事件が起きた際に山野バンに救われる。
声が某テスト召喚獣アニメの主役なんですからねぇ・・(にやそ

太田翔(おおたしょう/銀河へキックオフ!!)

サッカーをあまりやったことはないがサッカーをやりたくて仕方が無い少年。
サッカーに生かせる分析力を持ち、自分の家(店)で、注文を取る際にもその判断力を生かすという優れた才能を持つ子。
大声を出せるのが特徴で、その声によってチームの浮き沈みが決まると言うほどの声量を持つ。

大鳥翼(おおとりつばさ/メタルファイトベイブレード)

突然銀河の前に現れ、彼に絡んでいたはぐれブレーダーを蹴散らした謎の美少年。
鷲を一羽連れていて、どこからともなく飛んで来て翼の手助けをする。五感に優れており魚を素手で難なく捕らえて銀河を驚かせたことも。
銀河と交流したように見えたが、銀河に意味深な発言をし、何故か暗黒星雲に自ら売り込み入る。
聖闘士星矢でいう「紫龍」ってところかな?彼をもう少し若年化させたような。
目をつぶったまま物事言うし、何故か大人びてるし。これで目を開いて眼力フルオープンとか言ったら(ごにょごにょ)。

オズ=ベザリウス(PandoraHearts)

四大公爵ベザリウス家の次期当主。金髪にエメラルドグリーンの瞳を持つ少年。
15歳には見えない程の博識とやんちゃさ、武器の使い方を心得ている。やることなすことえげつないが行動はやっぱり子ども。
どうしたものですかねぇ。かいぐりしちゃいたくなるんですよ。

織田信勝(おだのぶかつ/織田信奈の野望)

織田家当主・織田信奈の弟。幼名「勘十郎」。当初は姉に反感を抱いており、周囲にそそのかされて謀反を起こそうともするが、徐々に心を打ち明けるようになって信奈のサポートをするように。野望に乏しく、自分自身で将の器ではないとも自覚している。信奈のことは嫌いではないらしい。

小野田坂道(おのださかみち/弱虫ペダル)

まんまる眼鏡が特徴のオタク少年。自宅(千葉らしい)から秋葉原までの距離を自転車で往復するほどのオタクぶり。コミュ障で、他人と会話することが苦手。アニメ研究部を作ろうとするも失敗し、その時に声を掛けた今泉達に長距離での自転車移動の腕を買われ、自転車競技部にスカウトされる。この子の穿いてるスパッツや競技服がいいんですよね。ぴちぱつで。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。