ショタっ子と怪盗


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

児童文学であるのが、小学3~4年生の子が怪盗一家に生まれたばかりに、自分が義賊として盗みをする。そして相方は先生だったり同級生だったり・・・というのがあります。
このDBでも「ファントム&ダークネス」のキャラを取り上げてますが、まさにそれがこのパターン。義賊として盗みをする少年(勿論家族は知っている)とその補助をするクラス担任という構図で、盗みが一種のレースのような物になっており、歴史的に価値がある物を盗んでこいという指令が出され、それを無事に盗んでくることができたら勝ちというレース。その指令も普通に「○○」を盗んでこいという出され方でなく、その品物ですらも曖昧な表現をされていて、その表現から類推して盗んでくる物を確定し、相方と一緒に盗みをおこすというストーリーなんですが。
何故、この話がツボにはまったか。この主人公の子がショタっ子であることに加え、仕事着がノースリーブのユニタードみたいなものを着て行うというシーンがあったり、女装をするというシーンもあったりするわけですな。

もう一つ。「ポケモン7」。別ページでもコスチュームのことで紹介してますが、この子も義賊としての盗みを生業としている子。この子は完全にタイツっぽい衣装を身につけていまして、周りに自分が怪盗であることを隠していたのですが、とある事件をきっかけに周りに公表し協力を得るようになりまして。

ショタ怪盗ものでは必ずと言っていい程パートナーが大人。更に仕事着が必ず密着系衣装。非常に儂の心をくすぐるわけですよ。こういう子が近くに居ればなぁと思うしきりで。
女の子の方ならもう一作品紹介できなくもないんだよね・・・「怪盗レッドシリーズ角川つばさ文庫)」。これは上のファントム&ダークネスとは全く違い、主人公は女の子、義賊一家に生まれ、代々義賊を生業とし、今度は自分がデビューする番。しかもパートナーは男の子で情報処理能力に長けてて、ツンデレ。こういう話しもいいんですよね・・わすのツボ的に。惜しむらくは主人公が女の子であること。

主人公が男の子で、義賊怪盗物って他にないのかしらねぇ?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。