※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FFTの獅子戦争

太陽と聖印に護られた双頭の獅子が治める国 イヴァリース―――
“五十年戦争”の敗北より1年後
前王の病死により即位することになった王子はわずか2歳
その後見人に事実上の王といえる、王妃の実兄・ラーグ公が有力視されていたが
王妃の支配を恐れた議会がラーグ公を排斥
前王の従弟にあたるゴルダーナ公を摂政に任命し、後見人とした
ゴルターナ公とラーグ公はどちらも先の“五十年戦争”において多く武功を挙げた将軍同士
ゴルターナ公には王家に仕える有力貴族の大半が味方したが
“五十年戦争”のツケによって没落した貴族や職を失った騎士らはこぞってラーグ公に味方した
黒獅子を紋章とするゴルターナ公と白獅子を紋章とするラーグ公
後に“獅子戦争”と呼ばれる戦乱の始まりである―――