ファイル変換方法(他ファイル(WAVEなど)→MP3)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かなり面倒な感じもする場合がありますが…

iTuneを引っ張って来ます(iTunesダウンロードページ)( iTunes8のダウンロードページが出てきますが、気にせず貰ってきて下さい。

そして、起動。

次にファイルにある音楽ファイルを右クリで「アプリケーションから開く」で、「iTunes」を選択。少し時間が掛かる場合も少なくない場合もありますが、古いパソコンだと重いのでそこは我慢。

すると、iTunesで指定したファイルの再生が始まるので、一旦再生停止。

で、ここからが少し面倒臭い。

上の方にある機能の中から「編集」をクリック。(再生ボタンの真上にあるかと)

そして、その中の一番下にある「設定」をクリック。

ここからはiTunes8以前のやり方です。8は少し(本当に少しですが)やり方が異なるので、8を使う方は ーーー の部分までスクロールして下さい。

すると設定画面に移行するので、上の方にあるやつの中から「詳細」をクリック(「ペアレンタルコントロール」の左っ側)

次に、「一般」「インポート」「ディスク作成」が並んでいるので「インポート」を選択

そしてインポート方法から「MP3エンコーダ」を選ぶ。好みに応じて「設定」より音質を選んでおくと便利だったりそうじゃなかったり…(どっちだ!

後は、変換したい曲名の上にカーソルを置いて右クリ、「選択項目をMP3に変換」を選ぶとあとは自動で変換がかかります。

変換が終われば、後は変換したやつをドラッグすると、MP3に変換したファイルの完成です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

設定を開くと、下手にいじっていない限りちゃんと「一般」で始まっているので「インポート設定」をクリック

すると新しいウィンドウが現れるので、「インポート方法」から「MP3エンコーダ」を選択。好みにより、音質を変えると尚ベター。

あとは「OK」を選択し、「最近再生した項目」及び「最近追加した項目」などから変換したい曲の上で右クリック、「MP3 バージョンを作成」を選ぶと、勝手にやってくれます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。