※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

996 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/12/07(木) 03:29:58 [ WSVxv/5w ]
うれしいんだか怖いんだかよくわかんない夢をみたせいで目が覚めた…


なんとなーく幻想郷に出かけて、チルノとかるみゃと遊んでたんだ。
ある程遊んで楽しんだから帰ることにして、湖通って近道しようとしたのな。
で、紅魔館の前まで行った所で、たまたま散歩に来てたゆゆ様に腕を食われた。
何でいきなり食われてんだろうな、とか思う前に、
痛くないように食えるもんなんだなぁ…なんて意味のわかんないこと考えてた。
で、その後すぐになんか意識が飛ぶような感覚?になって、意識がはっきりしたのがたぶん咲夜さんの部屋。
パチュと咲夜さんが介護してくれてたらしく、俺の傍らには真っ赤な何かが入ったポリタンクみたいなの。
たぶん俺が助けてくれたお礼みたいなこと言ったはずなんだけどほとんど覚えてない。
んで、薬とか飲ませてくれてたんだけどあんまり良くなる感じしないからもうやばいのかな、とか思ってたら、
横にあるポリタンクの中身がどんどん増えてんのな。

それに気づいた時点でなんか叫びたくなって目が覚めた。


まぁ、また腕を下に敷いて寝てて血が通ってなかったっていうね…

寝かたちゃんとしないとほんとやばいわこれは。

不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|