※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

993 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/12/06(水) 20:11:36 [ VOLAcNac ]
夢ではないんだが残り少しなので書き捨て
俺は新聞配達をやっているんだがある満月の日、朝刊配達の時にふと空を見上げると大きくて紅い月が見えた
そこから家のベッドで目を覚ますまでの記憶が全く無い
夕刊の時に店に行くとパートのおばちゃんに朝帰ってきた時おかしかったけどどないしたん?と聞かれたので逆にどんな様子だったのか聞いてみた
俺は普段やたらとおしゃべりで配達が終わった後しばらくおばちゃん達とだべっているんだが
その日は何も言わず一目散に出て行った上に何時も帰る家の方向とは真逆を向いて走って行ったらしい。
判るのはこれだけ、以上。

不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|