※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

963 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/12/02(土) 04:09:01 [ rvz/mN/A ]
ライブハウスのPA(スライダーがやたらと付いたテーブルで音量調整する人)をやってた。
んで舞台袖から人がどんどん上がってきた。人じゃなかったけど。
タンバリン(輪っかだけ)をしゃらしゃら鳴らしながら、みすちー?がステップ踏みつつ。
つや消しの黒い5弦エレキベースとやたらとでかいエフェクタボックスを抱えたルナサが黙々と。
真っ白でV字型の妙にメタリックなエレキギターを肩にかけたメルランがくるくる回りながら。
リリカはいつのまにやら朱塗りのショルダーキーボードを配線してた。

モニター(ステージ上の人用のスピーカー。よくボーカルの人が足かけて歌うアレ)とか
メインのスピーカーとかのバランスを調整。使いそうな音をいくつか出してもらってまた調整。
ちゃんと心得てるのか耳に痛い音もなくて手間もかからず。
4人並んで初めて気付いたがメルランのフライングブイは左向きだった。
ステージの方の様子見て「んじゃリハーサルお願いしまーす」って声かけたら
「はいよろこんでー」「ファントムアンサンブル!」
「ファントムアンサンブル?」「……ファントムアンサンブル。」
みんなまとまって、みすちーがカウント3つ数えて騒霊楽団スタート。
 ~少女演奏中~
ちょっとまて全員前衛かよ。すぐ後で入るドラムは誰だよ。

んで起きた。
しばらくリズムボックスよりはスキマ提供で式だよなーとかキャスティングしてた。
しかしリリカのショルキー姿が焼き付いて離れない。
あのあまり大きくもない手でオクターブ押さえられるのか心配になる程に。
……そもそも手を使わないでも演奏できるんだし気にする事でもないが。

のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|