※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

938 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/28(火) 08:42:04 [ mJHtT.Ug ]
随分はっきりとした夢を見れたので投下

例大祭の会場が紅魔館になっていて
会場に使われた場所が1階~3階まで吹き抜けになっていてエスカレーターが設置されていた。
自分は紅魔館の機械的な部分全般を扱う作業班長になっていた。
イベント終了間際に一通り会場を見て回る
大半のサークルが完売して片付け準備に入っていた
その後1階の事務所兼、備品置き場に戻ると咲夜さんとレミィがいて、
作業班メンバーの一人と会話していた
内容は前に補修で使って余った太いワイヤーが棚の上にあって落ちてきたら危ないから
対策をとったほうがいいと言う内容
危ない派が咲夜さんで、大丈夫派がメンバー
自分は咲夜さん側について置き場を変え日報をつけることを提案。
と、そこへ、例大祭の参加者が乱入。修学旅行生のようで、喧嘩していた。
一人が壁にぶつかった拍子にワイヤーが落下、真下にはレミィが。
「危ないっ!」とすんでの所で自分がキャッチ。
「ありがとう、大丈夫?」とレミィ
「私は力持ちなので大丈夫です。やはり置き場を変えたほうがいいですね。」と自分
その後、暴れていた生徒は咲夜さんに連行され、けつバットで散々蹴られていた。

ここで起床
夢の中の自分は終始作業着で顔もすすにまみれていたけど、
そのことを気にしない二人が凄い優しく感じた。

のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|