※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

916 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/25(土) 00:12:16 [ lqpJbsXE ]
今朝方見た夢にチルノ大妖精が出てきた。
二人を連れて実家の近くにあったような商店街を連れ歩き、
お金の使い方を教えたり、公園で遊んだりした。

チルノは運動神経抜群だったけど頭はあまりよくなく(お金の計算が全然できなかった)、
大妖精は頭はいいけど、運動は苦手だった(チルノに振り回されてた)。

「二人で一人なら完璧なのにねー」とチルノが言ったら、
「一人は寂しいよ? こうやって遊んだりできないもん」と大妖精が寂しそうな笑顔で言ったのが印象的だった。

現実

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|