※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

906 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/23(木) 19:20:29 [ gbpp10c2 ]
気が付いたら、俺の両腕で寝ている、師匠?うどんげ?が居た。
とくに師匠に至っては俺に抱きついてるのですよ…正直、俺の中の理性メーターがとっくに警告アラームを発してるんですよ。
そして、驚いて反対側向いたはずみで…!

うどんげとキスしてしまった…
ここで目が覚めてしまった

なんだったんだろうかこの夢は

907 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/23(木) 19:58:29 [ RJS08R.. ]
もうすぐ死ぬんじゃね?
たぶん、嫉妬に狂ったオレの手によって。

908 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/24(金) 00:31:16 [ 8vMk2zTA ]
「ごっすんごっすんごっすんごっすんごすんくぎ~♪」

909 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/24(金) 08:22:28 [ /4yZK0is ]
いーりゃんさんいーりゃんさん……

906は俺の大切な理性を盗んでいきました。必ズ死ナス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|