※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

898 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/22(水) 23:30:47 [ v1NL4FYE ]
昼寝した時の夢

博霊神社?で俺、霊夢魔理沙の三人でコタツに入ってた。
魔理沙「あー…やっぱり冬はコタツにミカンだなー」
俺「あー…激しく同意ー」
霊夢「私も同意ー」
そんな事いいつつ三人でダレながらミカン食ってた。
だがいい加減ミカンだけじゃ物足りなくなってきたのか、
魔理沙「なー、コタツにミカンもいいけど、コタツに鍋も悪くないんじゃないかー?」
俺「おー、いいねぇ鍋。暖まるだろうなー」
霊夢「そうねー。いいわねお鍋ー」
そんな会話になった。で、
霊夢「じゃ、お鍋の準備よろしくね」
俺「あー、俺かー。しゃーないなー。材料はあるのか?」
霊夢「冷蔵庫の中の物適当に使ってー」
冷蔵庫あるんだ…。と思いつつ台所に。小さな古い形の冷蔵庫が鎮座してた。
中は野菜だの豆腐だの色々あったが、肝心な魚とか肉が無い。
俺「おーい、肉とか魚は無いのかー?野菜鍋にでもするのかー?」
霊夢「お肉なら下の引き戸の中に、捕まえたうさぎがいるからソレ使ってー」
うさぎを捌くのか…ちょっと気が引けるなぁ…と思いつつ引き戸を開ける。
中に後ろ手に縛られて、ご丁寧にさるぐつわまでされて涙目でふぐふぐーと何かを訴えようとするうどんげ?がいた。
なんじゃこりゃー!?

と突っ込んで目が覚めた。
そのまま食べてしまえばよかったな…もちろん性的な(インビジブルアイ

幻想郷
のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|