※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

882 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/20(月) 20:01:27 [ pzYwYmDw ]
書き溜め分投下
某スレのネタを考えながら寝落ちした時の夢

◆◇◆
夜の森の道を歩いていた俺は、ルーミアに遭遇。
るー「食べていーい?」
俺「冬が近いからダメだ。ハバネロ真祖?は辛くて死ぬぞ」
そういえば大分前、ゆゆ様が真祖の腕を食べて気絶した夢を見たような希ガス
るー「そーなのか」
何故か納得するルーミア。
俺はそのまま道なりに進むと、そこにはピンク悪魔とが居た。
何故か俺の左手を握って、勝手についてきていたルーミアと一緒に遠巻きに眺め
てみた。
◆こんな感じ↓◇

⑨  (・_・)←カ〇ビィ

⑨「な、なによ!あんた」

∑⑨⊂(・_・)ガシッ!

   つ⑨・)ジー…

⑨「ちょっと!離しn…」

  つ⑨〇・)
⑨「!!!」

  (・_・)ごっくん

青(アイス)→(・_・)……

ヘルパー(・〇)==⑨ ペッ!

⑨「きゃん!」

⑨  (・_・ )

⑨「な、なんでしょう?マスター」

∑⑨⊂(・_・)ガシッ!

   つ⑨・)ジー…

⑨「ま、マスター、私に何か至らぬ点でも……」

  つ⑨〇・)
⑨「!!!」

  (・_・)ごっくん

青(アイス)→(・_・)……

解雇(・〇)==⑨ ペッ!

◆◇◆◇◆

優しい俺とルーミアは見なかった事にして来た道を引き換えそうとした時、肩を
叩かれた。
振り返ると、ブラックホールすら吸い込んだピンク玉。もとい、カービィが俺を
吸い ―― 目が覚めた

危なかった。




連続で東方夢を見たので、書き込んでみる。
.hack//G.U. vol.2のキャラが東方キャラとハバネロ真祖&ヘッドショット鬼畜?
夢の人?になっていた。


天を割って、ゆっくり空から降りてくる蒼天のレミリア
大地が砕け、地の底から出てくる蒼海のフランドール
そして、さらに奥の棺の中には何故か蒼炎のカイト(変化なし)

アリーナでボルドーの腕が伸びるシーンでは、鬼畜の腕が伸び、分裂。

鬼畜「いいぜ。ハチノスにしてやるよ。ハaAA於あああアア!!!」
その分裂した手のひとつひとつにハンドガンが握られていた。

一斉に引き金か引かれるが、全ての弾丸を、掛け声と共に双剣で全て叩き落とす
真祖

だが、無数の腕が真祖を拘束して動けなくなる。

真祖「くそっ!」
鬼畜は無言で真祖の額に照準を合わせ、引き金を引いた。

迫る弾丸

それを何故かが、真祖を拘束している腕ごと吹き飛ばす。
藍「兄上兼、義父上をやらせる訳にはいかない!」
まだ引っ張りますか

暗転

鎌を持った憑神・夢の人(中に真祖)が双剣(?)を持つ憑神・妖夢(中にアリス)と
切り合う。

激しい剣戟

終始夢の人が押していた

月の樹の四季映姫が謎のアイテムを使用し、混沌(AIDA)に感染。目の白い部分が
黒くなり、瞳が赤色に!

四季「マズはサボり魔(小町?)かラ消してヤるウゥxu雨!!」
真祖の背後の小町が何か目を逸らして口笛吹いてた。
真祖「アリス!めーりん!いくぞ、遅れんな!」

完全に感染する前に倒すべく真祖、アリス、中国の三人が映姫に飛び掛かる。
……小町を差し出したら早くね?


対峙する三蒼騎士(カイト、フラン、レミリア)と。紫の右腕は拘束具で隠れて
いた。
紫「『追跡者』……。まだ、あなた達を行かせる訳にはいかないわ」

三蒼騎士は武器を構え、無言で紫に突撃

大気が奮え、紫がスキマを開いた瞬間。


―― 何かの影が見えた。

暗転


紫が混沌(AIDA)に感染していた事が発覚。混沌で腕を作りだした。
紫「真祖。これがお前の捜し求めていた、真なる三爪痕だ!」
真祖はそれを喰らうが、何とか生きていた。
そして、憑神・夢の人(死の恐怖)vs憑神・ゆうかりん(再誕)
かなり壮絶なバトルだった。ゆうかりんが通常ショットを放てば夢の人がそれを
鎌の一振りで掻き消し、ゆうかりんの腕を切り落とし、鎌で切り付ければ混沌の
腕に捕まり、極太レーザーに焼かれた。
そして、最後にデータドレインがぶつかり合って終わった。
掛け声↓
紫「真祖ォ!私を越えてみろ!!」
真祖「ゆかりぃぃいいん!!」

カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|