※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

876 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/18(土) 19:58:53 [ /AMaGpUo ]
放課後の学校に居る夢。
友人らと雑談してる位の時間だから、大体今の時間だと夕暮れ時くらいかな。

で、俺独りが静まり返った教室で勉強していたんだ。少々不気味だったが、夕陽が綺麗だったので気にならなかった。
そのまま勉強しつつ黄昏てると、外からドタバタ足音が聞こえてくる。部活か何かの生徒かな、と思ってたら教室の前で足音が止まった。
誰かと思って覗いて見たら小悪魔が。爆走してきたらしく息を荒げて、その上何か一大事でもあったかのような表情。
すると、次の瞬間、

「物売るっていうレベルじゃねぇぞ!!」

声が可愛かった。けど何でこのセリフが出て来るんだ・・・。

叫ぶだけ叫ぶと、まるで「まだ伝えるべき人が居る!」みたいな顔で一目散に去って行く小悪魔。
何処行ったのかと教室から出る。が、小悪魔はもう何処かへ言った様子。
そしたら何か飛んでくる音。戦闘機か何かのような・・・振り返った瞬間すさまじい勢いで俺の腹に様がクリティカルヒット。

どこ、から、飛んで、来たんだ。



そこで目が覚めた。起きたら腹が痛かった・・・。

声可愛いとか言ってる場合じゃねぇぞ!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|