※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

733 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/02(木) 12:40:19 [ 7ArN2JB6 ]
妹紅?輝夜?が、草むらに広げた風呂敷に座って話していた。
俳句や詩を詠んでた二人だったが、しばらくして妹紅が立ち上がり、
軽く腕を振り上げた。
「少し飽いてきたかな。ちょっとやらないか」
「弾幕ごっこ? いいけれど」
Easyの道中の妖精が出すような軽いやりとりから始まり、
ボス通常弾幕程度にまでヒートアップすると、お互いスペカを取り出した。

何周かそれを繰り返し、どちらともなく撃つのを止めて、また風呂敷に座り込んだ。
夢の中の時間は、相当未来だった。
人間と妖怪が数えるほどに減って、二人と永琳?はずっと前から一緒にいるとの事。
がスキマから現れてカメラを構えたところで目が覚めた。

傍観
幻想郷
ムーディ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|