※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

726 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/31(火) 20:30:26 [ 9QCXnYms ]
うたたねしたら3連発で東方ドリームを見たので。

散歩してたら、四季様が錫をマイク代わりにしてなんか熱唱してる所に遭遇。
四季「私は映姫 ヤマザナドゥ 何でも白黒はっきりつける人
    時に裁いて 時に余計な説教始め(セリフ)「余計とは何ですか!」
ノリノリで自作の歌を歌ってる四季様。呆然と見てる俺を全く気にしないで歌い続ける。
四季「例え生前 善行重ねていたとしても 私次第で地獄行き」
俺「ひでぇー!」
つい思わず突っ込んでしまった俺。歌を中断してコッチ見る四季様。
四季「何ですか文句あるんですか。私はヤマザナドゥですよ。何の根拠もなく地獄行きにする訳ないじゃないですか」
俺「いやでもほらさっきの歌…」
四季「地獄行きにするのは、私のことを貧乳だとかぺったんことかまな板とか言った人を…」
卑屈だ…。
俺「いやいやいや、四季様は普通のサイズじゃないですか。十分魅力的ですって」
四季「そ、そういう事を平然と言うんじゃありません!」
褒められ慣れてないのか、顔を真っ赤になる四季様。その勢いでおでこを錫でバシンと叩かれた。

目が覚めた。20分ぐらいしか寝てないのでもう一度寝る。

何故か妖夢の頭をなでなでしてる俺。
なでなでなでなで。
うつむいて嬉しそうな表情の妖夢。
なでなでなでなでなでなで。
妖夢「…○○さんの手…、お父さんみたいです」
そのまま俺に身体を預けてくる妖夢。
妖夢「お父さんの臭いがします…」
複雑な気分な俺。まだそんな歳じゃなよ俺は…
気が付けばそのまま眠ってしまった妖夢。起こさないように白玉楼(?)に運んで、布団に寝かせる。
いつの間にか横に幽々子様がいた。
幽々子「見てたわよ~。随分懐かれた見たいね貴方。思い切ってそのまま妖夢の父親になってみる?」
俺「いやでも、実年齢は妖夢の方が年上なんじゃ…」
幽々子「そういう事は女性に対して失礼よ」
ぺしんとデコピンされる俺。

目が覚めた。やっぱり20分ぐらいしかたってない。三度寝開始。

どこかの駅のホームが舞台。それも18世紀ぐらいの蒸気機関車の駅。イギリス?
ソコに急いで走って来た俺。一人の女性を見つけて
俺「テイル!」
と叫んだ。
呼ばれた女性が振り向く。どう見ても様です。テイルって九尾だから?よくわからん。
俺「やっぱり…行ってしまうのか」
藍「えぇ。ごめんなさい」
俺「いや、いいんだ。君には君の夢がある。俺に止める権利は無いさ」
藍「ありがとう。…いつか必ず帰ってくるから」
そこで汽笛が鳴る。
藍「時間ね」
俺「そうだな…。無理に帰ってこなくてもいいんだぜ。甲斐性なしの俺なんか忘れて、そっちで幸せになっても」
藍「そうね。考えておくわ」
意地悪そうに笑って、汽車に乗る藍様。

目が覚めた。やっぱり20分ぐらいしか(ry

727 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/31(火) 20:34:59 [ PSajC59o ]
 >>726
凄く羨ましいからあえてコレを言う


お父さんの匂いってつまり加齢臭ダネ!!

728 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/31(火) 20:42:04 [ 9QCXnYms ]
 >>727
二十代前半で加齢臭か…orz

729 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/31(火) 21:36:58 [ iYGvcEDA ]
お父さんのにおいって…
散髪屋の椅子の頭んところのにおいじゃね?

730 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/31(火) 22:11:50 [ Z9OBUzSs ]
ヤニ臭いんじゃね?

のんびり
ムーディ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|