※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

722 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/30(月) 23:45:25 [ rMnx11Is ]
 >>713
役割代わってくれないかw


竹林で四季?に説教を受けてた。だけど全然声が聞こえない。
しばらくするとその事がわかったらしく、
『少し』 指先で少し距離を作り、 『待っていなさい』 両手で前ならえみたいなポーズ。
頷くと、どこかへ飛んでいった。

戻ってきた。隣にはうどんげ?
うどんげは自分を見ると眼を真っ赤にした。
すると声が聞こえるようになった。波長の操作?

肝心の説教に戻った。
「あなたは糖分を摂りすぎる。
過度の糖分は脂肪を友とし、疲労を回復どころか促進させる。
もう少しお菓子を控えなさい。それがあなたのできる善行です」
やけにリアルな話をしてきた。さすが裁判長よくご存知で。

「申し訳ありません、ではこちらのお菓子は二人に差し上げます」
手持ちの菓子を渡すと、うどんげはちょっと驚いてからにこりと笑った。
「いえ、そういうつもりで言ったのではないのです。判りますか?」
と四季に突っ込まれたけれど、
「はい、賄賂のつもりで渡しているわけではないです。
これは感謝の意と取っていただきたいのです」
と返したら、顔を少し赤くしながら
「仕方がないですね。食べ物を粗末にするのもよくありません。
有難く頂きましょう」
と食べ始めた。
二人がおいしそうに食べてるのを、内心ニヤニヤしながら見ておりました。

723 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/31(火) 00:04:34 [ FkDVF3Iw ]
閻魔様は内心も見通せることを忘れてはいかんw

幻想郷
のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|