※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

686 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/27(金) 20:56:37 [ gR24zBNI ]
携帯電話が鳴る。[[魔理沙からだ。
魔理沙「よぉ、また夕飯作りすぎたから食いに来るか?」
俺「当然」
という訳で霧雨邸。今回は将棋を指すパチェはいなかった。気にせず扉をノック。
魔理沙「よぉ、遅いぜ。味が落ちたらどうすんだよ」
俺「ソコまで時間を気にするって事は、今回は麺類とかか?」
魔理沙「んにゃカレーだ」
俺「煮込めば煮込むほど美味くなるじゃねえか」
そんなこんなで食卓へ。確かにカレーの美味そうな匂いが漂ってた。
俺「それじゃいただき魔理沙」
魔理沙「…なんだそりゃ?」
俺「ん、気にすんな」
魔理沙のカレーはまた美味かった。多分一番寝かせてる味。凝ってるな。
俺「ご馳走様。今日のカレーは96点満点の96点。マジ美味かった」
魔理沙「そ、そうか?…ま、当然だけどな」
俺「でも何で俺を呼ぶんだ?霊夢とか呼ばないのか?」
魔理沙「……お前だから呼ぶんだぜ」(ボソッ)
顔を真っ赤にしながらそんな事を言う魔理沙。
気が付けばいい雰囲気。そのまま魔理沙とキス。カレーの味がした。
そして

目が覚めた…orz
このままいけば多分ネチョい展開になってただろうに…
続きをー!と意気込んで二度寝したが、
プリズムリバー?3姉妹が、笑点の前座でトリオ「虹川ホットシスターズ」として漫才やってる夢だった…orz

のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|