※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

823 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/14(火) 21:22:25 [ G6JhrOdQ ]
結構グロい夢を見た…グロが苦手な人は俺のIDをNGにして下さい。

夢の中では妖夢とデートしてた。
ゲーセンで遊んだり、服見たりと普通のデートだったと思う。
そうこうして遊んでると夕食時。丁度近くにあったステーキハウスに入店。
「こ、こういう所で食事するのは初めてなんですよ」と少し浮き足立ってる妖夢。
中に入ると、ウェイトレスの格好の慧音?が迎えてくれた。
「いらっしゃいませ~」とステキな笑顔で迎えてくれる慧音。
何かキャラが違うが、夢の俺と妖夢は全然気にしない。
そのまま進められるがまま席に着いてメニューを開く。
慧音「ただ今期間限定の牛タンステーキがオススメですよ」
俺「ん~…じゃあソレで」
妖夢は悩みに悩んではなまるハンバークを頼んでた。
暫く妖夢と談笑してると、慧音が何も言わずにスッと料理が卓に置かれた。
ビックリして慧音の方を見ると、

笑顔で口から血をタラタラ流してる慧音がいた

理解するのに数秒かかって、
俺・妖夢『○×△□☆%#*!?!?!?!?!?』
と言葉に出来ない悲鳴を上げる俺と妖夢

で、目が覚めた…慧音先生ごめんなさい…。
俺もう暫くタン塩食えない…。

824 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/14(火) 21:29:04 [ 0z7W7ZTg ]
 >>823
○×△□☆%#*!?!?!?!?!?

825 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/14(火) 22:56:03 [ o.UceSNo ]
 >>823
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあqwせdrftgyふじこl;

826 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/14(火) 23:23:25 [ Ito.0aAE ]
 >>823
節子…それ、牛タンやない、ハクタンや

827 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/15(水) 00:38:55 [ 2y34vYvg ]
発想を逆転させるんだ!

口の中では常時けーねとでぃーぷキス
目を閉じれば瞼の裏には息遣いまで妄想できそうなくらい至近距離でけーねの顔が

828 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/15(水) 02:07:37 [ 3bRuXFGU ]
 >>827
そして舌を喰いちぎるんですね!

現実
俺から見ればこいつは十分ネチョい夢だぜ!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|