※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

820 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/14(火) 17:24:51 [ SncsH/OI ]
頭突き寸前までレミリアに接近されて、蕎麦作りを命令された。
「ジャパニーズヌードルが食べたいのよ」
「ちょ、お嬢様近すぎ……ところで具はどうするんですか?」
「女は黙ってかけそばよ。いや山菜蕎麦。とろろ追加でなめこ多め」
レミリアの隣にいた美鈴が「蕎麦なら私が作りましょうか?」とにこやかに言うと、
レミリアはその腰を撫で上げた。
「きゃ……あ……」
艶のある声を出してへたりこむ美鈴。顔が赤い。こっちを見るお嬢様。
「作りなさい?」

なぜか危機を感じたため速攻で厨房に。
鍋を使って注文の品を作っていたはずが、目の前の蕎麦と重なるようにして調理中のチャーハンの幻が見えた。
「これは……三月精の仕業?」
と口にしたが、すぐさま蕎麦とチャーハンの境界が弄られていることに気がついた。
相手ではどうにもならない。死亡覚悟で、チャーハンの幻が重なった山菜蕎麦をお嬢様にお出しする。
お嬢様、「おいしいおいしい」といいながら両方とも完食。

カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|