※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

668 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/25(水) 20:22:08 [ S6CC5FRg ]
誰かの墓を見ていた。隣には映姫
私は死神見習いらしい。
「幻想郷に多く現れた魂も、ようやく数が落ち着いてきました。
この機会に、小町?に付いて死神の何たるかを学びなさい」
「はい」
映姫様は凛々しい顔だった。
そのうち、小町が飛んできた。

小町先輩の仕事姿は凛々しかった。
私といえば、舟をうまく動かせず、三途の河に何度もはまった。
私を笑う小町先輩がムチャクチャ可愛かった。

669 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/25(水) 20:42:15 [ yNivobPg ]
 >>668
ときめいた 
SSに おこしてくれ たのむ ! OTL

670 名前:668 投稿日:2006/10/25(水) 23:34:17 [ S6CC5FRg ]
 >>669
こんな感じだったと思います。
ttp://coolier.sytes.net:8080/th_up2/src/th2_3773.txt

671 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/26(木) 00:03:37 [ H1CNmUi2 ]
 >>670
GJ!
てか、本当にSSにしてるしw

672 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/26(木) 01:21:44 [ /CYkXwu6 ]
ふと思ったんだが、過去の夢でSSにできそうな夢をSSにしてみてはどうか?
 >>670

GJ!

676 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/26(木) 10:39:07 [ KxDkomp. ]
 >>670
嗚呼、本当にSSにしてくださるなんて…有難うOTL
しかもGJ!
こんな小町先輩のもとで自分も働きたいと激しく思った!

ムーディ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|