※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

624 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/22(日) 09:20:23 [ FXmRyPyQ ]
起きたてのほやほや
萃香と一緒に自分家からの最寄り駅まで歩く夢を見た
俺はスーツに萃香はいつもの服に何故か黒のランドセル
どうも夢の中では萃香は俺の嫁という設定ぽかったが話の内容を一部抜粋すると
「あり?そういえば角出てないなお前」
「外にいるのだから当たり前でしょ」
「そりゃそうだな」
気づけよ自分……
途中、キモケーネ?が前を歩いていたので
「おーい、角が出てるぞ」
と言ったら一瞬ピク、と止まったら足早に去っていった
駅に近づくと、猛烈な尿意に襲われて駅のトイレに入った所で目が覚めた。
起きたら本当にトイレが近かった、もしあのままだったら…

現実
のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|