※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

605 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/21(土) 07:35:45 [ Bx7JsxVc ]
 >>599の続きにwktkしつつ、今起きた夢を。

携帯に魔理沙から電話が来た。どうやって?なんて深く考えない俺。
魔「お、○○か?ちょっと飯作り過ぎたから食いに来るか?」
俺「…マジ?いいのか!?」
と、言う訳でいつの間にか魔理沙邸。
玄関先でパチェと2Pパチェ(青パチェ)が正座して将棋を指してたのは…多分萃夢想攻略スレの画像の影響だろう…。
あえて放置して扉をノック。
魔「よう、やっと来たか。遅いぜ?」
俺「そうか?結構急いで来たつもりなんだけど…」
出てきた魔理沙は何時もの格好に青色エプロン姿。意外と似合ってる。
魔「立ち話もなんだ、まあ入れよ」
という訳で霧雨邸に進入。意外と片付いて吃驚。もっと散乱してるかと思ったんだが。
卓の上に食事用意されてる。和食だ。魚だ。納豆だ。美味かった。意外だ。
魔「どうだ?結構自信作なんだぜ」
俺「うーん…9点」
魔「…何点満点だ?」
俺「10点満点」
魔「あと一声!」
俺「ん~…9.3点!」
こんなやり取りしつつ食事終了。満腹満足。
俺「んじゃそろそろ帰るとするわ。今日はサンキュな」
魔「おう、また作り過ぎた時に呼んでやるぜ」
そういって霧雨邸から出た。
その瞬間玄関先にいた二人のパチェと目が合う。

パチェ・青パチェ『あばばばばばばばば』

なんだお前らー!?と突っ込んだ所で目が覚めた。
…あの画像は反則だぜ…

のんびり
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|