※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

588 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/20(金) 08:25:47 [ 9nhVWLWg ]
えーっと、一言で言います。

エリーとネチョい事しました。

589 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/20(金) 09:10:40 [ 9YrXLrbQ ]
よりにもよってエリーかよ。マイナーなチョイスだなオイw

590 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/20(金) 09:15:04 [ L7rHAXJI ]
で、あの王道のやり取りはしたのか?

596 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/20(金) 18:48:09 [ 9nhVWLWg ]
どうも>>588です。
過去ログ読んだら山田が「夢の内容を書く際は詳細キボンヌ」って言ってたので詳細を・・・
あと、旧作未プレイなので>>590の王道のやり取りがどのようなものかが不明です。


夢の中で真っ黒なところでエリーと自分が居た。
エリーは不敵な笑みでこっちを見てたが、その際の自分の一言
「あ、ナージャだ。」
エリー、顔面からぶっ倒れる。
すかさず起き上がり「エリーよっ!失礼ね!」と叫ぶ
暫く息を切らしていたが呼吸が整ったところで「それに・・・」と呟きながら
服を脱ぎ始めるエリー
上半身がはだけた状態でこっちに近づき俺の顔を自分の胸元に押し当て
「ナージャはこんなことしないでしょ?」
俺は赤面しながら「そうだな・・・失礼。」
セリフは意味不明。
顔を上に向けるとエリーが真っ赤になりながらコクンとうなずく。
おさわりしていいらしい。

えー、まぁそれからエリーの胸部を愛でました。
エリーは時おり「んっ・・・」とか「ふぁ・・・」と甘ったるいため息を漏らし
俺、大興奮(;゚∀゚)=3ハァハァ
それから、いざ本番ってとこで起床。最後まで見たかったorz

ええ、もちろんフジヤマは出来てましたよ。
でもヴォルケイノしてなかったので一安心。

ネチョ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|