※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

555 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/17(火) 20:12:03 [ suo72BDk ]
遂に東方の夢を見た。
ちと痛々しい夢なので、キャラが傷付くのが嫌な人はスルーを。

気が付くと船の上。
すぐ隣、寄り添うように立っているメランコ?
身長は140cmだったかと。
驚いたら「どうしたの?」とかなんだか笑われて、
その船が旧日本海軍の重巡羽黒である事を教えてくれた。
そんなメランコは旧海軍の水兵服に身を包んでいた。
天気は雲ひとつ無い快晴で、それを映したようなメランコの蒼い目が
印象的でとても綺麗だったのを覚えている。
他に見えた人員は、対空砲砲座に雑魚であろう妖精。
艦橋前の機銃座にチルノレティが居たと思った。
で、気付いたのはこの軍艦が羽黒ではなく、阿賀野型の軽巡じゃないかって事。
立ち位置は第二砲塔の側面辺りだった。
んで見てみると、一隻の駆逐艦も随伴していた(旧ドイツ海軍のZ級に見えた)
波は穏やかで島が遠くに点在する大海原、雰囲気的に太平洋の南辺りに思えた。

風景に見とれていると、やがて損傷して大傾斜した小型空母が漂ってきた。
その甲板に座り込んでいたのは小町?だった。
いつもの衣装をズタボロにし、片目を血で濡らして鎌を抱えて座り込んでいた。
呆然と彼方を見つめ、此方には何の反応もしなかった。
機関は生きているようで、静かに波を立てながら、空母は艦隊と擦れ違って行った。
メランコは何も言わない。

その直後、随伴の駆逐艦のすぐ側に巨大な水柱が立った。
場は騒然となり、けたたましい警報が響く。
「我が艦隊は敵の砲撃を受けた、総員戦闘配備!」
スピーカーから流れる声を聞いて、何故だか四季映姫だと確信できた。
メランコは敵の戦艦の名前を教えてくれた。(忘れたが、米戦艦の名前だったと思う)
その間にも、おそらく40cm砲の物であろう攻撃は、二撃、三撃と駆逐艦に集中し、
木の葉の様に揺れている駆逐艦が、反撃の魚雷の第一弾を発射したまさにその時、
駆逐艦は直撃を受け、ものの見事に爆沈した。
大爆発と共に、吹っ飛んでいた赤い人影、直感でのように見えた。
メランコはいつの間にか居なくなっていた。

水平線にぼやける敵に向かって反撃が始まった。
主砲、魚雷に何故だか機銃までが火を吹き、自分自身も第二砲塔に滑り込む。
砲を操作していたのは旧海軍の水兵だった。
そこに自分の仕事は無い様だったので、外に戻ったその時。
友軍の水上機(九五式水偵)が被弾した様子で着水。
パイロットは美鈴で、意識を失っているようだった。
後部座席にはこれも旧海軍のと思われる軍人が、同じく項垂れていた。
看護兵姿のてゐ?が、目を覚ますよう必死に訴えるも、
眠ったような表情の美鈴は、水上機と共に、ゆっくりと海中へ沈んでいった。
非常に悲しくなり、胸を締め付けられる感情を抱いたその時、
艦橋が敵弾の直撃を受け、大爆発を起こした。

爆発が終わると、何かにとらわれる様に、艦橋へのタラップを駆け上がる。
傷つき斃れ、折り重なる兵士の中に金髪のキャラが制服を赤く染め、横たわっていた。
更に上を目指すと、天蓋が吹っ飛んだ艦橋に、四季映姫が立っていた。

映姫は口の端から血を垂らし、出血を起こした脇を抑えていた。
その、恐らく最高に似合うであろう純白の艦長服を、
血の赤と、煤の黒に、無残に染めていた。

 ・・・んで、この続きもあるのだが、正直、書くのが辛くなってきた。
皆が知りたいってなら書くかも知れんが、なんだか哀しくなっちゃって・・・。
つーか、目覚めたら目の端に涙が浮かんでるんだもんな。
もしかしたら呻きの一つでもあげていたかもw
ちなみにキャラによって、いつもの姿だったり軍服だったりした。
とりあえず、メランコの水兵服は反則だとおもいますた。

568 名前:555 投稿日:2006/10/18(水) 21:03:07 [ CncAGL0g ]
先回の続き

敵の砲撃は続いていた。
砲弾の飛翔音、弾着間近の金きり音、それに炸裂音は絶える事を知らない。
気が付けば、晴天は徐々に夕暮れに傾き始めていた。

映姫は此方に一瞥をくれると、自分の名前を呟いた。
出血を起こしながらも、気丈さは失っていなかった。
その端正な顔立ちが、僅かにだが自嘲気味に歪む。
映姫は大勢の部下を失った事を悔やみ、己の無能さを嘲笑った。
その間にも、映姫の顔色は確実に悪化していく。

船にも死相が浮かんでいた。
あれから数発の命中弾もあり、既に艦尾は水面下に没していた。
艦上の構造物は軒並み破壊され、残った二番砲塔と数門の機銃が
思い出すかのように砲火を上げるのみだった。

そこへ後ろからてゐが現れた。
その肩には、手当てを受けた金髪(メリー??)が寄り掛かっている。
てゐは映姫へ寄ろうとしたが、彼女はそれを拒み、てゐに総員退艦を命じた。
彼女の強い意志に逆らえなかったのか、てゐは艦橋を去ろうとした。
てゐは自分にも脱出を促すが、自分はそれを拒んだ。
それを確認したてゐは、残念そうに艦橋を去っていった。

再び二人きりになると、映姫は夕暮れの空を見上げた。
そして、作戦が成功した事を呟く。
敵方を見ると、数多の黒煙が揚がっている。
自分達の誘き寄せた敵艦隊に、プリズムリバー?の航空隊が殺到しているのだと言う。
確かに、その上空には七色の飛行機雲が渦巻きあっていた。

そして、船はゆっくりと傾斜を増してゆく。
映姫がバランスを崩した時、耐えられずに駆け寄り支えた。
彼女はそのまま自分を抱いてきた。
自分は答えるように彼女を抱き寄せる。
映姫は泣いていた。心の奥底から来る様な嗚咽だった。
自分の頬にも涙が伝った、この惨状に、堰を切ったように泣いた。

暫く嗚咽に浸っていると、一隻のカッターが視界に入った。
映姫を助けたい一念に、彼女を抱き上げ艦橋を後にする。
彼女は痛がったが、そんなのはお構い無しだった。
傾斜したタラップを必死に降り、艦舷のカッターに向かう。
そのカッターに乗っていたのは、メランコただ一人だった。
メランコは何も言わず、カッターの先に立つと此方に手を差し伸べる。
藁にもすがる思いでその手を掴もうと、駆け寄った。
だが何故か、メランコは諦めたような不思議な表情をしていた。
そしてカッターの数メートル手前で船は大爆発を起こし、
自分と映姫は漆黒の海へと放り出された。

そこからの視界は一切閉ざされたままだった。
ただ、ああ、海の中か、これは助からないか。等と思っていた。
だが、その手にはまだ、映姫の感触が残っていた。
それを抱き寄せてみると、映姫が確かにそこにいた。
そのまま彼女を強く抱き続けたまま、意識は深く沈んでいった。  -おわり-


 ・・・とまあ、気が付いたら結構な長文にorz
ノート用紙両面に書かれたメモを、一日経った頭で紡いで見たらこうなりました。
そして、己の文章力の無さを見せ付けられますたorz
まあ、おいらの一番好きな映姫様の夢だったのが救いかな。メランコにも興味が出てきました。
兎に角、ここまで駄文を読んでくれた皆さん、ありがとうです。
今度はもっといい夢が見れるように精進しますww
できれば、最愛の映姫様とネ(ry

ムーディ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|