※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

543 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/16(月) 21:49:39 [ ctpgdh6I ]
昼寝した時に見た夢

最初洋館の暗い廊下を歩いていると扉が6つくらいあった
まず最初の一つ目を開いてみると咲夜さんがでかい顔?みたいな
怪物と荒地で戦ってた。で、俺がいるのに気がついたみたいで
咲「ちょうどいいところに、早く醤油を持ってきてちょうだい!!」って言われた。
いったん外に出て探してみるも当然醤油なんてあるわけがない。
とりあえずその右隣の扉に入ってみたんだけど中国
女体盛り?のようなことをされてて八雲?一家+に囲まれてた。
刺身に見えたのは腸だったのかも知れん・・・
紫「あら、久しぶりね。一緒に食べる?」と言われるも
そこにいてはいけないような気がして扉から出る。
今思えばあそこに醤油あったような気がする
とりあえず次に向かいの扉を開けてみたらけーね?妹紅?がフジヤマをヴォルケイノしてた
caved!!!!されそうな気がしたので謝って扉を閉め気を取り直し次の扉へ。
扉を開けてみるとえーりん?がいて、永「あら、何か御用?」と聞いてきたんで
「醤油を・・・」と言うと 永「どこが悪いの?頭かしら」と返されたorz
「いや、確かに頭は悪いけど醤油が・・・」と懸命に醤油を求めてみても
永「これは重症ね、治療が必要だわ」って言われるだけだった
とりあえずそこに寝なさいって言われて言われるまま診療台へ、
おもむろに服のボタンを外し出すえーりん、そこで思いっきり顔を近づけてきて
永「朝までじっくり治療してあげるわ・・・」と言い
(エロいので省略されました。続きを読むにはここをクリックしても無駄です。)

「」

544 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/16(月) 22:10:23 [ DUEhkUrQ ]
男にはなぁ、無駄だと分かっていてもついやっちゃう時があるんだよ!

カオス
ネチョ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|