※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

499 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/14(土) 21:17:57 [ 0/uD0RrQ ]
昼寝してたら見た夢


と一緒に退魔士やってる夢みた
俺はそして数十年妖怪退治続けて体を壊し寝たき老人りになってしまった
そこに訪ねてくる我が盟友(と認識していた)
「こんにちは、お体のほうは如何?」
俺「てんでダメダメ、というかゆかりん俺を見送るために今日に来たんだろ?」
紫「…気づいてたのね」
俺「俺の身体だし。でもとくに未練とか無いしまぁいいや。…あー一つだけ心残り」
紫「なにかしら?私のできることなら聞いてあげるけど」
俺「藍の事、よろしく」
紫「心得ましたわ」
俺「………」
紫「…ゆっくりお休み…。」

ありがちなシチュエーションだけどなんか不思議な夢だった

ムーディ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|