※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

495 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/14(土) 19:24:09 [ AXG2zRAc ]
神父服を着た自分。
相棒はシスター服の咲夜さん。しかしミニスカ。
お屋敷の中を進撃。
廊下もフロアも吸血鬼&ゾンビだらけ。
自分の戦闘スタイルは、協会の銀十字架を溶かして作った「聖槌なんたら」で
銀杭を敵心臓にカツーンと打ち込むスタイル。

「Amen!!!!(エイメエエェェェン!!!!)」とか叫びまくってたのは、寝る前に見たアニメ版ヘルシングのせい。
でも気持ち良かった。自分の声が若本則夫だった。

咲夜さんはナイフ投げまくってた。


謁見の間。
レミリアが天井の隅っこに逆さにくっついて、体を丸めて震えてた。
自分の視界の右下に装備変更コマンドが出現。
銀杭から、白木の杭に換装。
(銀の方が強くね?)とか思ってたら、更に杭の先に聖火を灯して強化。
青く燃える白木の杭を左手に握り(熱くなかった)
右手の聖槌を振り上げる。

「Pray to the GOD!!!!(祈れ!!!!)」とか叫びながら
レミリアの心臓目掛けて大ジャンプしようとする自分。

唐突に、口からあったかいお茶がごぽっと噴き出した。鉄の味。ていうか吐血。
ひどいよ咲夜さん。後ろから刺すなんて。
倒れる自分を無表情に見下ろしている咲夜さん。
パンツは白でした。

非現実
バトル

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|