※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

388 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/08(日) 08:06:22 [ qst99wSU ]
何故か秋葉原でのマラソン大会に出場してる夢を見た。

大勢いる参加者の中に慧音?とか魔理沙とかチルノとかいた。
いつものあの服装で走るのか?と思ってたらみんなして超低空飛行してた。ズルだろソレ。
そんな状況、何故か魔理沙達と同じぐらいの速度で並走してる俺。
あっという間に先頭グループの俺たちだけになる。先頭は魔理沙、続いて俺、慧音、チルノの順で走ってる。
魔「えぇいしつこい奴らだぜ!いい加減脱落しろっての!」
そういって何か魔法使って妨害してくる魔理沙。
星が沢山飛んでくるが全部グレイズする俺。俺すげぇ。
チ「ふぎゃ!」
とチルノが流れ弾に直撃して吹っ飛んでった。慧音はハクタク化して同じようにグレイスしてる。
俺「ヤバイ追いつかれたら掘られる!」
慧「掘るかッ!!」
そんなやり取りしつつ魔理沙の付いていく俺と慧音。差はなかなか縮まらない。
俺「こうなったら奥の手を使うか…アグレッシヴビーストモード!」
何故か四つんばいになって走り出す俺。というかいつの間にか狼だか虎だかみたいな姿になってた。
慧「なんだ、貴様も半獣?か」
俺「この姿になるのは5年ぶりだけどな」
そうだったのか俺。知らなかったぜ俺。
魔「ったく、厄介な奴らだぜ!」
さらに弾幕を仕掛けてくる魔理沙。俺も慧音もグレイズし続けるがだんだんウザくなってくる
俺「なぁ慧音、ココは一つ手を組まないか?いい加減魔理沙がウザイ。二人で魔理沙をぶっ潰そうや」
慧「…なるほど、悪くないな。いいだろう!」
俺と慧音で打倒魔理沙同盟結成。
俺「乗れ慧音!一気に行くぞ!」
背中に慧音を乗せて一気に魔理沙との差を詰める俺。
魔「や、やっべぇ!ちょっくら本気を出すか!恋符、マスタースパーク!」
俺「ソレが来る事は…分かってたぜ!」
そのままマスタースパークに全力で突っ込む。マスタースパーク直撃寸前に、
俺「今だ慧音!俺を踏み台にしろぉぉぉぉぉぉぉ!」
そのまま俺を踏み台にして飛び上がる慧音。俺はマスタースパーク直撃で吹っ飛んだ。

気が付けばゴール直前で突っ伏してる俺、慧音、魔理沙。
何があったかは分からないけど、とりあえず相打ちだったんだろう。
で、そのゴールには不敵に笑ってるチルノ。
チ「やっぱアタイって最強ね!」
俺、慧音、魔理沙『納得できるかぁ!!!!』

で、目が覚めた。
しかし変なオチの付く夢が続くな…。

のんびり
バトル
カフカ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|