※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

345 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/05(木) 13:25:03 [ RF31e1F. ]
初めて鮮明に東方夢覚えてたので。

ユニ○ロで靴下を選んでる私とレミリア様。
どうやらレミリア様が私の服一式をダメにしてしまったらしくお詫びに買ってくれるらしいのだが…

だが、赤とか水色とかやたら原色系の色ばかり勧めてくるレミリア様。
ネーミングセンスだけだと思ったら…
「いや、地味でカリスマのない私にはそういう色は似合いませんよ~」
などと謙遜しつつ自分でグレーか黒の二択まで絞ってレミリア様に選んでもらう。黒でした

続いて
「次はぱんちゅね」
とのたまうれみりゃ様。今日は新月らしい…
「はい、ぱんちゅですね」
復唱するな私。
「貴方はいっつもトランクスだけどボクサータイプのほうが似合うわ。というかボクサーにしなさい」
「そ、そうでしょうか…」
そして下着売り場へずんずん向かってくレミリア様をおずおず追っかける私。
そこで目が覚めました…

何で貴女は私の下着事情を熟知してるんですか…
あとレミリア様はボクサーパンツが好みらしいです

現実
のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|