※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

314 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/02(月) 07:01:55 [ HIYtEWAw ]
うどんげ?と一緒に学校から帰宅する夢を見た。

帰宅途中、駅前の商店街へ。本屋へ寄り道する俺とうどんげ。
本屋に入る直前、袖を引っ張られた。
てっきりうどんげが引っ張ったのだと思ってたが、
よくよく見ると小学生低学年か、それ以下かの年頃の妖夢が俺の袖を引っ張ってた。
思いっきり泣きそうな顔の幼妖夢。
俺「あー…ひょっとしてオマエ、迷子か?」
妖「…お、お母さん…いないぉ…」
う「えーっと、やっぱり迷子みたいね…」
なし崩し的に幼妖夢の母親探しをする俺とうどんげ。多分母親って幽々子様なんだろうなぁ~と思いつつ、商店街をうろうろ。
しばらく探し回ってると、スーパーから魔理沙が出てきた。

妖「あ!お母さん!!」
魔「妖夢!お前どこ行ってたんだ?探したんだぜ!」

なんでお前らが親子なんだオイ。
ひとしきり礼を言って去っていく母魔理沙と幼妖夢。
う「あの子、お母さん見つかってよかったね」
俺「…なんか釈然としないけど、まぁよかった事にするか…」
キ「だが、我々はとんでもない勘違いをしていたんだ!」
唐突に後ろから現れるMMRのキバヤシ。しかも制服姿。
う「キ、キバヤシくん!?」
俺「お、お前何時の間に!?」
キ「あの二人、実は親子の様に見えるが…」
以下、キバヤシは意味不明かつ電波的な推測をつらつらと。よく覚えてないけどとにかく無茶苦茶な理論を並べる。
キ「…つまり、人類はこのままだと滅亡する!」
う「な、なんだってー!?」
俺「なんでそこで納得して驚く!?」
う「で、でもキバヤシくんの言ってる事、一理あるし…」
俺「一理もねぇよ!とことんデタラメじゃないか!!」
キ「コレは恐るべきレジデントオブサンの陰謀だったんだよ!」
う「な、なんだってー!?」
俺「だから驚くなって!」
う「でも一理あるし…」
俺「何処にも一理無いだろ!」
う「と、とにかく私、警察に連絡するね!」
ぴぽぱぽと携帯電話で110番を押すうどんげ。
う「たすけてえーりん!」
それでいいのか?本当にそれでいいのかうどんげ!?
電話して5秒もしないで婦警の姿の永琳?登場。速い、速すぎるよ永琳。
永「で、一体何があったのかしら?」
う「あそこに変質者がいるんです!」
と、キバヤシを指差すうどんげ。
キ「な、なんだってぇーー!?」

ここで目が覚める。東方な夢なのかMMRな夢なのか…

現実
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|