※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

308 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/29(金) 19:26:58 [ s4hvPrg. ]
朝目覚めると、胸元にゆあスライムが居た。

「ゆあー」

普通に愛らしかった。

ここで親の声。
「○×▽(俺の名前)、起きなさーい」

「はーい、今行くー」
と、何故かゆあスライムが答える
綺麗なアルトボイスだった。
俺はぼんやりした頭でぼんやりとゆあスライムを眺めていた。
やっぱり愛らしかった。こっち見んなという感情は沸かなかった。

しばらくすると再び親の声。
「○×▽(俺の名前)、起きなさーい」

「はーい、今行くー」
再び答えるゆあスライム。
綺麗なアルトボイスだった。

ここで俺は「これはメモらなければ」と思い、布団から出た。
そのとき、視界の端でゆあスライムがノーマルフォルムの八雲紫に変化。

そして俺に一言、


「貴方、今のままでいいのかしら。」


展開も何もない言葉だったが、成績がほとんど底辺だった俺の胸を見事に貫いてくれました。
綺麗なアルトボイスだった。

ここで夢から覚めた。
ゆあスライムは居なかった。
しかし、紫様が残した言葉は一生の座右の銘になりそうです。
ありがとう紫様

現実
カオス
不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|