※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

272 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/24(日) 12:28:48 [ uSDoM2uo ]
今日見た夢を報告、途中までは東方キャラとは関係の無い展開だったので省略

ふと車に乗って、ふと景色を眺めたら(何故かGT-R?実際には持っていない)
みょんな形をした建物(ビル)を発見、非常にユニークな形だったんで興味を引かれて凝視
普通のビルだったのが2Dのスーパーマリオランドになって、マリサ?が(もしかするとてゐ?)
△ブロックを利用してそのビルを上っていく

流石に興味を引かれたのか車の事は忘れ、マリサの所へ移動
そしたら今度は3Dのマリオランド?になってマリサがボーナスグームに夢中になっていた
ゲームの内容は3Dに置かれたスロット入りの樽を振って同じアイテムが出た数だけ1UPの内容

それを見飽きて周りを見たら今度は図書館かどこぞの古本屋になっていた
んで暫く見学していたら、そこは同人関係の本(あくまで同人誌ではない?)を集めた場所である事に気づく
さらに何故か自分はそこの本の整理を始めたのだか、今度はそこのに小さい子供がやって来てヤンチャし始めた
まあ幼い子供のする事だから余り気にする事なく整理を続ける

その内小さい女の子が、本棚のファイルボックスに興味を示しコレが欲しいとねだってきた
でもそのファイルボックスに入っている本、どう譲っても18金…(男性向けか801かは失念)
流石にこれはマズイとその子に「これはイケナイ本だから」と本棚に戻して厳重注意
そしたらその子、癇癪を起こしたのか機嫌を損ねたのか何処かへ行ってしまった

内心ほっと胸を撫で下ろし作業に戻る、ひと時の間平和な時間が流れる
整理していた本棚の裏に、描いた事の無い自分のスケブが隠されていたりと
リアルで勇気付けられる内容、自分で現実で絵を描くし心から嬉しかった

また整理する為さっきのファイルボックスの前に立つ、さっきの女の子の事を思い出した
次の瞬間、自分は後ろに張り倒され仰向けになった
目に映るは慧音?、空中に浮かびて見下ろし睨む
自分の側に居るは妹紅?、心配そうにしていた(優しいなぁもこたん)
張り倒されたる自分は鈴仙?!?しかもビジュアルは同人誌LunaticArcaneに準基!!

慧音は鈴仙を見下す様に見下ろす、子供を虐めたのはお前か?と
ああ慧音は、さっきの女の子の子守りだったんだ…

そこで視点が代り、妹紅から鈴仙を見る形となる
鈴仙は、心配そうに見つめる妹紅に気付きこちらを見る
その後慧音に気付き、慧音を見つめる見つめる見つめる…様子が変だ

慧音のアングルが…慧音のアングルが!慧音のアングルが!!

  イ グ ニ ッ シ ョ ン ! ! ! ( 点 火 ! ! )

鈴仙のよれたうさ耳は、見事に点火した

カオス
キャラ視点

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|