※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

248 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/22(金) 17:32:57 [ KOSgBWok ]
夏休み明けの学校

登校して教室に入ってのんびりしてると、
右の方で誕生日を祝われてるアリスがいた。
小学校だったのかなレイアウト的に。
だから制服でもいつもの服でもなかったけど、金髪でいつものカチューシャは着けてた。
服の方はあんまり記憶にないけど、かわいかった。

女子何人かで盛り上がってた。
アリスの方は二次設定みたく涙流して喜んだり、顔真っ赤にしてるわけでもなくて、
普通にちょっと照れくさそうに笑ってた。

俺は「いつも萃夢想で世話になってるし、一言くらい言っとくか」とか、
夢の舞台とは何にも関係ないことを考えてた。
アリスの反応はあんまり覚えてない。

ちょっと舞台は進んで、体育館で体育の授業の途中っぽかった。
そこで俺は提出した問題集やレポート(小学生なのに)が、
色々途中だった事を思い出して回収に行く。

回収後にアリスに
ア「ちゃんと最後までやんなよ~」
みたいな事を言われた辺りで記憶が終了。

色々混じりすぎてある意味カオスだった。
まぁ夢なんてそんなモンなんだけど。

現実
のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|