※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

246 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/22(金) 09:38:15 [ A308A35U ]
う~む、イマイチ記憶が曖昧ではっきりしないが…

気が付けば俺は戦場にいた。
戦場って言っても現代の銃や戦車とかじゃなくて、槍や刀、弓矢で武装した兵士達が戦う昔の戦場。
もちろんコッチにも襲い掛かってくる兵士達。それを模造刀二刀流でガンガン斬り伏せてく俺。
どっかで経験したような、そうでないような…ぶっちゃけて言うと真・三国無双4とかそんな感じだったw
何十人もの兵士を斬った所で、目の前に紅美鈴が登場
美「我が名は美鈴!いざ尋常に勝負!!」
と勝負を挑まれた。
何発か殴られたけど、こっちも何度も斬りつけてたら、
美「くそ~、こうなったら背水の陣だ!」
あっさりと退いて行く美鈴。
俺「おのれ逃げるか!臆病者!正々堂々と戦え!」
どんどん追いかける俺。気が付けばかなり敵陣深くまで入り込んでた。
いつの間にか隣に妖夢がいて。
妖「落ち着いてください!これは永琳?の罠です、一旦引きましょう!」
俺「え、永琳なのか?」
その時、『ジャーンジャーンジャーン!!』とドラの音が響いて永琳登場
俺・妖「げぇー!永琳!!」
永「敵将自ら突っ込んでくるなんて、愚かにも程があるわ」
そしてうさミミの伏兵(男)がワラワラワラワラワラワラと…

ここで目が覚めた。うさミミの男キモイ…

カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|