※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

217 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/20(水) 07:28:16 [ Wxyd1NlI ]
大空魔術のCD全曲ループで流しっぱなし就寝

俺はベッドでゴロゴロしながら暇をもてあましていた。
神主?が部屋に入ってくる。なぜ俺の家がわかるのかは気にならなかった。
神主、黒いジャケットに手をかける。
神主「ゆくぞ少年!!」ガバっと服を広げると筋肉質な肌が輝いている。
俺はなぜか「このままではシャンプーが切れてしまう!」
というわけのわからない想像をしながら逃げる逃げる。
なぜか高速道路を走っていた。車を何台も追い越した。
文?が俺を追い越す。文「幻想郷で1番速いこの私に勝てるとでも?」
もう話などしてる暇はない。ひたすら逃げた。
高速道路から急に公園に着いた。
神主が待ち構えていた。黒いコートを羽織っている。
逃げ出そうとしたが身体が動かない。芝が伸びて足に絡みついていた。
神主「少年よ、なぜ恐れる。安心しろ。ここには我々以外誰もいない」だから余計心配なんだよ
ビール瓶を取り出す神主。しかしすぐしまう。
神主「ゆくぞ少年!!!」コートをガバっと広げる。
今度は筋肉質な身体ではない。どす黒くうねうねと動いていた。
その中から香霖?(褌装備)が6人出てくる。
こーりん6人が襲い掛かる。身体が自由になったのでまた逃げ出す俺。
神主「ならば、鶴翼の陣で迎え撃つ!」
6人程度じゃ陣作れないだろ・・・と思いつつ逃げていた。
こーりん、増えていた。ぱっと見30人はいる。すっかり囲まれてしまった。
「ほ・・掘られる・・・」そう思っている内にもじりじりと迫る。
神主も現れ、またコートを広げる。それに吸い込まれそうになる俺。
俺はなぜか「ミスッ!!!!!!」と叫んで、そのまま神主に吸い込まれた。
目が覚める。

あんまりびっくりしてガバッと起き上がった。
直後にものすごい形相で神主がこちらに迫ってくる幻覚を見て、リアルで吹っ飛んでベッドから落ちた

ZUN・カオス?

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|