※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

205 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/19(火) 13:19:32 [ wjf6grlE ]
さっき見たんだけど、
白玉楼で総合格闘技みたいなのを俺、八雲?一家、冥界組、
それとなぜかジェネラル(カイザーナックル)と観ていた。
日本家屋に不釣合いな42型のAQUOSで。
どうやら香霖?と某三兄弟の三男の試合がメインイベントらしい。
紫が「香霖はすでに長男、次男を潰していて、三男がわざわざボクシングから
転向してきたのよ。愚かよねえ」と説明してくれた。幽々子はビールを飲みながら
「香霖が派手にやってくれるわ」と息を巻いていた。
しばらくの間は前座の試合が流れていて、みんなで飲んだり食ったりして騒いだ。

そして入場。三男は本来の華奢な身体ではなく、ボブ・サップのような黒く、太い筋肉だった。
対する香霖もしっかり鍛えてあり、眼鏡を外す姿が凛々しかった。
ジェネラル「亀田の筋肉は見せかけですな。森近君は良く締まった腹筋だ」
「流石は大佐、お見通しね。、お酒が切れたわ」
藍とが酒を取りに走る。

ゴングが鳴った。
香霖がいきなり飛び膝蹴りを顔面に見舞った。
崩れる三男。いきなりダウンを取った。
幽々子は興奮して妖夢の頭をボカボカ叩く。
しかし三男が10カウントぎりぎりで起き上がると
テレビの前で溜息が起きた。

その後は決定打を欠き、第6R。
このあたりから三男のラフプレイが目立ってきた。肘打ち、頭突き…
そして三男がレフェリーの死角に回り込み、ローブロー(金的)をかました。
反則打も巧くかわしていた香霖も流石に悶絶し、倒れ込む。
紫は怒りが頂点に達したらしく、
「もう我慢できない!幽々子!こいつ殺すわよ!」
と隙間を開けて会場に乱入しようとしたところでジェネラルが
「馬鹿な真似はやめろ!彼は今、みんなの祈りを受けて、懸命に闘っているのだ!
今我々がすべきことはそんな事ではないだろう?」
と一喝した。
ジェネラルに気圧された紫は
「そうね…ごめんなさい…。どうかしてたわ」と泣きそうに俯いた。
香霖が立ち上がった。
「私は…見届けるわ」と顔を上げた紫は、綺麗だった。

香霖は疲れを見せない怒涛のラッシュで、三男を圧倒。
三男が最後に出した右ストレートに合わせた、クロスカウンターが炸裂した。
三男がリングに大の字に倒れた。試合終了のゴングが鳴り響く。
紫が俺の胸に飛び込んできた。涙が溢れていた。俺も泣いた。幽々子も妖夢も。
「よくやった…」後ろを向いたジェネラルの肩が震える。
「飽くなき努力と、皆さんのおかげで、勝てました。本当にありがとう!!」
と香霖が叫んだところで目が覚めた。


多分昨夜ボクシング観て、朝までファミコンの「パンチアウト」やってたからかな。
俺はこれから敢えて「森近 霖之助」と呼ぶぞw



ところで藍と橙はどこまで酒を取りに行ったのかwww

現実
バトル
ムーディ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|