※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

192 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/19(火) 08:02:22 [ XImJmoTE ]
昨夜のことを・・・

家でゴロゴロテレビを見ていた。いきなり意識が飛ぶ。
石の山がたくさんある採石場みたいな場所に何故か飛ばされた。
石山をひとつ上ってあたりを見渡すと、てるよ?が一人ぽつんと立っていた。
近づくべきか否か考えたが、すこし遠くから観察することにした。
いきなり背中がものすごく熱くなる。その後トラックが通り過ぎたかのような衝撃波に押される。
妹紅?が後ろから俺を横切ったらしく、そのままてるよに向かって飛んでいった。
妹紅、異常なスピードでてるよに突っ込んでそのまま後ろから殴る。
その後からは殴り合いが延々と続いた。
それを遠くから見ていると、いきなり肩をつかまれた。
慧音?「ここにいると危ない。お前の家はどこだ?」
「○○○(住所)ですが・・・」
慧音「外の世界の人間か・・・?最近多いんだよ、変な住所を言う人が」
とりあえず慧音についていく。俺は空を飛べないので慧音におんぶしてもらった。
神社に到着。縁側へ行くと、霊夢が茶をすすっていた。
霊夢「あら珍しい客ね、そこの人間は・・・ああ、アレね」
慧音「はどこにいる?」
霊夢「たぶん寝てるわよ。無理に起こすと怒って変なことされるし・・・」
慧音「う~む・・・どうしたらいいものか・・・」
霊夢「今日1日ならそこの人間泊めてあげてもいいわよ。最近はよく遊びに来るし」
慧音「そうしてもらえるとありがたい」
この神社にいればそのうち紫は来るだろう。という考えらしい。
俺は「ふつつかものですが、よろしくお願いします」
霊夢「なによ、嫁みたいにしちゃって。楽にしなさい」
夕飯は米と少量の野菜と筍のみそ汁だった。
漬物をカリカリしていると、魔理沙がやってきた。
魔理沙「いよう霊夢!あら?お客様か、これはこれは邪魔したぜ」
俺「どうぞ俺のことはお構いなく」
魔理沙「そうか?じゃあそうさせてもらう。霊夢、飯出せ」
霊夢「夕飯はもう済んだわ、そこの漬物でもかじってなさい」
白黒「えー?まあいいか、いただくぜ」
漬物をボリボリとかじる魔理沙。
いろいろ話している内にあたりはかなり暗くなっていた。
紅白「魔理沙のおかげでだいぶ遅くなったわね。そろそろ寝るわよ」
早朝。霊夢は朝食の準備をしている。俺はその間外をウロウロ。
賽銭箱がある。ポケットを探ったら10円玉発見。とりあえず賽銭箱に投げる。
朝食が済んだ後、紫様がやってきた。
紫「最近迷い人が多いけど・・・いったいどういうことなのかしら?」
紅白「あんたが引っ張ってきたんじゃないの?」
紫「・・・・・・」
紅白「まあいいわ、それじゃ始めて」
神社の裏の林の奥へ行く。ここには不釣合いなコンクリートの巨大な壁がある。
紫様がその壁にスキマを開ける。そこに入れとのこと。
「お世話になりました、本当にありがとうございます」
霊夢「あら、礼なんてとっくにもらってるわよ」
よくわからないままスキマに入る。
霊夢「お賽銭、ありがt

目が覚める

寝てたはずなのにものすごい疲労感
外の自販機でコーヒー買おうとしたら10円足りなくて無駄足こいた・・・

幻想郷
不思議・ホラー
のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|