※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

173 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/18(月) 12:16:39 [ Aes3wU/I ]
中学校の教室で皆と共に絵の具セットを用意していた。
中学の時の担任が居たので判った。
水容器に水を入れても、こぼれてしまって上手くいかない。
苦労して水を教室の自分の席へ運ぶとギリギリで授業開始。
なぜか、「道徳のTV」を見る授業だった。絵は?

そこで上映されたのが、「冥界組の京都旅行」だった。

優雅に咲かせ、墨染めの桜をゆっくりとしたテンポにした音楽が流れ
桜の花が舞う中で、ゆゆ様が何か歌を詠んでいた。
その声が、藤田淑子だった。(軽くショックを受ける俺)

「ほんに、ええ日和どすなぁ」
と何故か京都弁のゆゆ様。
側に控えていた妖夢が感涙にむせびながら
「流石です、幽々子様…! 京都で最も美しい桜は、ここには無い桜なのです!」
と、意味不明の発言。
声は東方奇闘劇の妖夢の人のそれだった。


気が付くと精神病院の待ちうけロビーに居た(!)。
そこで友人二人とばったり会って、焦ったw
昼食を摂る為に、院内に設置されているマックに並んだ所で目が覚めた。

現実
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|