※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

88 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/13(水) 21:20:22 [ 0SsZiC.c ]
慧音?と人助けする夢を見た。

場面は波止場。
慧音と談笑していると、すっごいいきおいで車が走ってきて
ノンストップでそのまま海へダイブ。
すかさず慧音は飛び込んで沈んでいく車から
見事に巨大な段ボールを水上に置く。
俺はその巨大な段ボールに入って周りを見渡すと、男の子二人と女の子一人を発見。
どうも、気を失ってるらしいので波止場? コンクリートの上に放置した。

何故か、そのこのお父さんも車に乗っているはずだと知っていた俺は
更に巨大段ボールの中を見渡すと、掃除機を抱えたお父さんを発見。
掃除機のホースが絡まっていて、お父さんの体からケーブルが飛び出ていたので
「こりゃ…だめかも」
とおもいつつ、お父さんのコネクタを差し直したら、息をし始めた。
「お父さん生きてるよ!」
と俺は叫んだが、慧音が
「まだお母さんが居るはず!」
って叫んで、また海に潜り始めた。
そして、海の中で沈んでいるはずの車が大爆発、巨大な水柱。
慧音が浮上してきて、満面の笑顔で「ふう…」と息を漏らした


ところで、携帯からボーダーオブライフが流れてきて目を覚ました。
カオスと言えばカオス

カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|